ミカン下北沢
ミカン下北沢

下北沢駅高架下に新しい商業施設「ミカン下北」が開業

オープンは2022年3月を予定

Mari Hiratsuka
テキスト:
Mari Hiratsuka
広告

開発が進められていた井の頭線高架下に、新たなカルチャーとビジネス拠点として2022年3月にミカン下北が誕生する。コンセプトに「ようこそ。遊ぶと働くの未完地帯へ。」を掲げ、下北沢の自由で雑多な空気の中で、多様な人々がジャンルや価値観を超えて混ざり合い、予想もつかない何かが生まれる場所を目指す。

ミカン下北
ミカン下北

ミカンと聞くと、フルーツを思い浮かべてしまう人もいるかもしれないが、「未完」から来ているそう。多様な文化が交差し、絶えず自由に編集され、変わり続けるという「常に未完である」ことに下北沢の普遍的な魅力を見いだし、新たな実験や挑戦を促す思いが込められている。

施設は、A~Eの5街区から構成され、飲食店舗を中心とした商業エリアと「遊ぶように働く」を体現するワークプレイスが同居する。

ミカン下北
ミカン下北

現在発表されている店舗は、シェアラウンジを併設したツタヤブックストア(TSUTAYA BOOKSTORE)、15前後のアパレル店などが入居する雑多なガレージ東洋百貨店の2号店や、下北沢発祥のメガネブランド『Zoff』。このほか、商業施設への出店がまれな人気レストランなど20店舗が集結する。さらに、世田谷区との取り組みにより「図書館カウンター」を設置し、利便性向上と街の魅力発信も目指す。

長い間行われていた、開発工事から年々進化を遂げる、下北沢の新エリアの誕生が今から待ちきれない。

ミカン下北の公式ウェブサイトはこちら

関連記事

祝30周年、伝説ディスコのジュリアナ東京が渋谷で復活

写真家ヨシダナギのドラァグクイーンを被写体にした展示が開催

ハリー・ポッターの歴史に迫る大規模な展覧会が開催

この冬、富士山で初の花火大会が決定

豊洲市場でマグロせり、無料見学再開へ

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告