舞妓さんちのまかないさん
画像提供:Netflix

是枝裕和がNetflixとタッグ、京都の花街を舞台にした作品が1月から配信

大人気コミックが原作の全9話から成るドラマシリーズ

Emma Steen
テキスト:
Emma Steen
広告

日本が誇る映画監督、是枝裕和がNetflixオリジナルシリーズで初めて監督を務めた作品「舞妓さんちのまかないさん」が、2023年1月12日(木)に世界配信される。同作は、2016年から「週刊少年サンデー」で連載中の小山愛子による同名大人気コミックを原作にした、全9話から成るドラマシリーズだ。すでにアニメ化も実現しており、NHKでも放送された。本作で是枝は監督だけでなく、総合演出・脚本も担当している。

舞台は、京都の花街。舞妓(まいこ)たちが共同生活を営む屋形 の「まかないさん(=ごはんを作る仕事)」となった主人公キヨが、青森から一緒にやってきた親友であり舞妓でもあるすみれとともに花街で暮らしていく、という明るく元気なストーリーだ。キヨの日常を、華やかな芸舞妓の世界とおいしいごはんを通して描いている。

舞妓さんちのまかないさん
画像提供:Netflix

キヨを演じるのは、森七菜。すみれを出口夏希が演じ、「万引き家族」の松岡茉優も出演している。そのほか、蒔田彩珠(まきた・あじゅ)、松坂慶子 、橋本愛 、松岡茉優 、常盤貴子といった豪華キャストが集結した。

舞妓さんちのまかないさん
画像提供:Netflix

2018年にパルムドールを受賞した「万引き家族」を観た人は、思わず唾を飲み込むような食事のシーンの数々を覚えているはず。今も残る京都・祇園の花街を撮った映像美はもちろん、主人公が丁寧に作る手料理の献立にも注目したい。

関連記事

予想通りの大ヒット、新海誠の「すずめの戸締まり」をレビュー

ジブリパークを訪れるなら知っておきたい11のこと

「東京卍リベンジャーズ」が2023年11月に六本木で大規模展示会、特別編も発表

ティム・バートンが描く「アダムス・ファミリー」がNetflixに登場

イカゲームのクリエーターがシーズン2の方向性を示唆

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告