Boiis Co. cookies
Photograph: Boiis Co.

ニューヨーク、2021年の最新スイーツはモッキー

餅が入ったショートブレッドクッキーが話題

作成者:
Time Out editors
広告

ニューヨーカーが夢中になるものといえば、「コンビネーションデザート」だろう。これまでクロナッツやグリルドチーズチーズケーキなど、いくつかの「混ぜられた」スイーツがソーシャルメディアに投稿され、新聞記事になり、オンラインで販売されてきた。

次にInstagramで話題になりそうなのは、『モッキー(Mookies)』だ。これは、クイーンズのサニーサイドに本社を置くBoiis Co.が製造している、ショートブレッドクッキーの中に餅を入れた商品。名前は、もちろん「Mochi」と「Cookies」を組み合わせたもの。

現在リリースされているフレーバーは、塩キャラメル(キャラメル餅入り)、ウベ(紅山芋餅入り)、抹茶(紅山芋餅入り)の3種類。さらに季節限定のフレーバーが毎月ラインアップに加わるので、甘いもの好きの人は見逃せない(4月は、タイティー)。また4月には、バスク風チーズケーキフレーバーの発売も予定されている。こちらも楽しみだ。

Boiis Co. cookies
Photograph: Boiis Co.


Boiis Co.は2019年に、一口サイズの豆腐餅の販売をスタート。その後、ポップアップショップで成功を収めた後(そして新型コロナウイルスのパンデミックの影響で一時休業せざるを得なくなった後)、新たな「モッキー」製品を投入し、その見た目から、当然のごとくInstagramで人気になったのだ。現在
同社は、アメリカ全土向けに配送サービスを提供している。ごとく

しかし、急いでオンライン注文しようとしても無理だ。残念ながら、3月分のモッキーの在庫はすでに売り切れてしまっている。4月分の在庫は2021年3月19日(金)の12時(米東部標準時)に入荷する予定だという。

原文はこちら

関連記事

東京、取り寄せしたいスイーツ

東京、桜スイーツ2021

東京、限定イチゴスイーツ10選

ミシェル・オバマ、家族で楽しめるNetflixの料理番組を制作

ブルックリンの複合施設の中庭に日本の家が出現

最新ニュース

    広告