Bunsik corndogs
Image: Bunsik/Time Out

ロンドンに韓国ストリートフード専門店がオープン

ハットグ、カップ飯など定番メニューを提供

作成者:
Chris Waywell
広告

素晴らしいレストランから、それなりにおいしく食べられるチェーン店まで、ロンドンにはいくつもの韓国料理店があるが、韓国のストリートフードに特化した店はこれまであまり見かけなかった。そのギャップを埋めようしているのが、チャイナタウンのキングスクロスロードにオープンしたばかりのBunsikだ。

Bunsikは2021年5月21日、地下鉄レスター・スクエア駅のすぐ近くのCaffe Vergnanoの跡地にオープン。韓国風アメリカンドッグ(ハットグ)、カップ飯 (コプバプ)、トッポッキといった韓国の定番「屋台メシ」を提供している。

ハットグは全6種類。『オリジナル』『ポテト』『ポテト・モッツァレラ』『チーズ・チーズ』『ビーフ』、そして『オクト・レッグ』(ソーセージの片側をタコの足のようにカットしたもの)がある。

ハットグだけでは物足りない場合、カップ飯やトッポッキをオーダーしてもいいだろう。カップ飯のトッピングは、プルコギ、スパイシーポーク、チキンマヨ、甘辛チキンから選ぶことが可能。トッポッキには、ハットグや鶏肉の餃子(マンドゥ)などのサイドメニューオプションが用意されている。

店名の「Bunsik(ブンシク)」は、韓国語で「粉物」の意味。同店の鮮やかな黄色の内装とキュートな粉物メニューは、訪れる人をとても楽しい気分にさせてくれる。しばらくの間、チャイナタウンにおける韓国料理の見逃せないオプションになることは間違いないだろう。

原文はこちら

この投稿をInstagramで見る

BUNSIK 분식(@bunsik_london)がシェアした投稿

関連記事

新大久保、韓国を感じる最新スポット

三河島、プチ韓国旅行ガイド

今守るべき、アメリカのアジア系飲食店

ロンドンに巨大アジア系スーパーがオープン

ロンドンのジャパンセンターに餅スイーツ専門店がオープン

最新ニュース

    広告