Jollibee Chickenjoy and Spaghetti
Photograph: Courtesy Amy Herold/Jollibee USA

ジョリビーがロサンゼルスのダウンタウンにオープン

フィリピン発ファストフードチェーン、街の中心部に出店

Patricia Kelly Yeo
テキスト:
Patricia Kelly Yeo
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

ロサンゼルスのダウンタウンに、フィリピン生まれの大手ファストフードチェーン、ジョリビー(Jollibee)がオープンした。ローケーションは、ショッピングセンターであるBlocの向かい(住所:729 Seventh Street)。

同チェーンはこれまで、ロサンゼルス郡イーストハリウッド、イーグルロック、アルハンブラ、パノラマシティ、トーランス、カーソン、アルテシアに7店舗を出店。この新店のオープンにより、看板メニューの『Chickenjoy』や甘い味付けのスパゲティが、ロサンゼルスの中心部でより気軽に食べられるようになった。ダウンタウン店では、DoorDashを利用したデリバリーサービスも提供する予定だ。

Jollibee DTLA
Photograph: Courtesy Jollibee USA

ジョリビーは「フィリピンのマクドナルド」として同国民や同国にルーツを持つに人たちに広く知られ、愛されている。1998年にアメリカ進出し、2019年にはロサンゼルスを「重要なハブ」として、4年以内にアメリカの店舗数を3倍にする拡張計画を発表していた。

原文はこちら

関連記事

カナダ発のビーガンファストフードチェーンがニューヨークに進出

人気バーガーチェーンのソニックがマンハッタンに出店

国産フライドチキンショップ4選

アラウンド・ザ・ワールド、ご当地グルメ10選

海外旅行、隔離なしで入国できる国リスト

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告