sonic
Photograph: Shutterstock

人気バーガーチェーンのソニックがマンハッタンに出店

ドライブイン文化とファストフードの台頭が好機

作成者:
Will Gleason
広告

ニューヨークのマンハッタンに、新しいハンバーガースポットが誕生することになった。そう、あの有名な(そして若干意外な)全国チェーン店が、いよいよニューヨークという世界の中心地に出店するのだ。

ニューヨークでは、オフィスや劇場などのエンターテインメントスペースが徐々に再開し始め、新型コロナウイルスのワクチンを接種した人の数も上昇していることを受け、久しぶりに街の中心部へと繰り出す人々が増えてきている。そうしたなか、この街へ出店する計画を立てているのはソニック・ドライブイン(Sonic Drive-In)だ。同チェーンの名物である『スラッシュ』(フローズンドリンクの一種)好きにはうれしい知らせだろう。

先に言っておくが、あなたが思い浮かべているであろう疑問への答えは「ノー」だ。ソニックはアメリカを代表するドライブインだが、今回マンハッタンにオープン予定の店舗は、いわゆるドライブイン方式ではない。ちなみに、ニューヨーク市で初めてオープンするソニックでもない(その称号にふさわしいのは、スタテンアイランドにある店舗)。

不動産情報サイト、The Real Dealが報じたところによると、ソニックのマンハッタン1号店の出店場所は、以前Pax Wholesome Foodsの店舗があったミッドタウン、6th Aveの966番地(35th Stと36th Stの間)。ブライアントパークにほど近い、ヘラルドスクエアから2ブロック北へ行ったところだ。

ソニックは現在、ニューヨーク州全体で17店を営業しているが、今後、さらなる拡大をもくろんでいる。ドライブイン文化とファストフードの両方がこの1年で台頭し、市場はハンバーガーとシェイクの人気店に有利な情勢となっていることを考えれば、当然の動きだといえる。マンハッタン1号店を含め、ソニックではむこう10年間で1000店舗以上をオープンさせる予定だという。

原文はこちら

関連記事

コロナ禍のアメリカで最も人気のファストフード店は「ソニック」

デリバリーできるウマいハンバーガー5選

マクドナルドが植物由来のパティを独自開発へ

ガーリーでレトロなパン屋、The Little BAKERY Tokyoが移転

東京、テイクアウトできるビーガンレストラン10選

最新ニュース

    広告