Globally Local burger
Photograph: Courtesy Globally Local

カナダ発のビーガンファストフードチェーンがニューヨークに進出

Odd Burgerのアメリカ1号店がこの夏オープン

https://media.timeout.com/images/105799549/image.jpg
テキスト:
Morgan Olsen
広告

アメリカでは近年、マクドナルドやウェンディーズなどのファストフードチェーンに植物由来の材料で作られたメニューが登場しているが、全てをビーガンメニューにしているファストフード店はまだ見られない。しかし、その状況がもうすぐ変わる。カナダ生まれのビーガンファストフードチェーン、Globally Localがこの夏、ニューヨークにアメリア第1号店をオープンすることになったのだ。

Globally Localはアメリカ進出を機に、Odd Burgerにリブランド。アメリカの店舗でも本国同様に、肉を使わないバーガーや植物由来の材料で作られたデザートなどを提供する。

代表メニューは、ヒヨコ豆のパティを使ったバーガー。ChickUn(植物由来の「鶏肉」)を使ったメニュー(バッファローバージョンがおすすめ)や、具だくさんのサラダやラップサンド、フライやデザートメニューも豊富だ。

朝食メニューも充実していて、豆腐の「卵」を使ったグルテンフリーのエッグベネディクト風サンドイッチ、食欲をそそるビーガンソーセージのサンド、ベーグルのビーガンBLTサンドなどが楽しめる。

店舗には、独自設計のコンパクトなスマートキッチン、セルフチェックアウト可能なキオスク、完全なキャッシュレス決済を導入。カナダの店舗にならい、自慢のビーガンメニューをより早く提供できる環境で客を迎える。

Odd Burgerはニューヨークへの進出を皮切りに、北米でのチェーン拡大を目指しており、2022年中にカナダとアメリカで計20店の出店を予定。VegNewsによると、検討中の出店地域には、アメリカ西海岸と南部も含まれているという。

ニューヨークにおけるOdd Burgerのアメリカデビューは、この夏の終わり頃に実現する予定だが、具体的に街のどこへ出店するかなどの詳細は未定。続報を楽しみに待とう。

原文はこちら

関連記事

東京、テイクアウトできるビーガンレストラン10選

アメリカで最もビーガンニーズに対応しているのはニューヨーク

フランスで初、ビーガンレストランがミシュランの星を獲得

ソラノイロ監修ビーガンラーメンミールキットが4月1日発売

ビーガンが集うホットドッグスタンド、週末は居酒屋に変身

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告