Photo: Tuan Hung Nguyen/Pixabay
Photo: Tuan Hung Nguyen/Pixabay

JAL羽田発着10路線が航空サブスクサービスの参加者を募集

3万6,000円で宿泊付き最大3往復、定額利用の実証実験開始

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

映像や音楽の世界では、すでに一般化しているサブスクリプションサービス。この流れが空の移動に革命をもたらすかもしれない。

日本航空とジャルパック、長崎市の旅行業者カブクスタイルKabuK Style)の3社は、航空券の定額利用型サービスである「航空サブスクサービス」の実証実験を行うことを発表。2021年8月1日(日)から、実験への参加者300人の募集を開始する。

航空サブスクサービス
航空サブスクサービス

実証実験の対象者は、カブクスタイルが提供する宿泊サブスクサービス「HafH」の会員に登録し、別途3万6,000円を支払うことで参加が可能。これまでの出張や観光旅行のみならず、昨今注目される「ワーケーション」や「多拠点居住」など、密を避け好きな場所で働き、暮らすといった新しい体験価値にどれほどのニーズが集まるかに期待が高まる。 

航空サブスクサービス
航空サブスクサービス

出発日は2021年8月23日(月)~11月23日(火・祝)で、羽田~新千歳、釧路、山形、小松、南紀白浜、高知、長崎、宮崎、那覇、宮古の全国10エリアが対象。「HafH」サービス内で予約申請時に使用する「HafH100コイン」を支払うと、1往復分の航空券と1泊の宿泊を利用できる権利が得られ、最大3往復、3泊分の宿泊が3万6,000円で収まることになる。

航空サブスクサービス
航空サブスクサービス

これまでにない低価格で、国内旅行がぐっと身近になりそうだ。旅行好きな人にはぜひ応募してみてほしい。申込期間は2021年8月1日(日) 6時~11月16日(火)12時

「航空サブスクサービス」の詳細はこちら (専用ページは8月1日、6時に公開)

関連記事

日本で最も美しい10の場所

Photo of the Day - 東京上空を飛行するブルーインパルス

ハワイ、マウイ島が宿泊税を3%増税

海外気分をホテルで満喫、韓国やイタリアを旅するステイ

2021年版世界で最も安全な航空会社ランキング

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告