動く、ミュシャ展「iMUCHA IMMERSIVE EXHIBITION」
『動く、ミュシャ展「iMUCHA IMMERSIVE EXHIBITION」』

2022年夏「動く、ミュシャ展」がパシフィコ横浜で世界初開催

アール・ヌーヴォー人気画家の世界観を映像と音楽で楽しんで

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

アール・ヌーヴォーを代表する作家として、日本でも根強い人気を誇るアルフォンス・ミュシャ。2017年、ミュシャの祖国であるチェコとスラヴ民族をテーマにした大作『スラヴ抒情詩』の日本初公開時には、約65万人の観客が訪れていた。

2022年夏、そんな『スラヴ抒情詩』をはじめとしたミュシャの絵画作品を、最新のデジタルアート技術とオーケストラ音楽で楽しめる体験型の展示『動く、ミュシャ展「iMUCHA IMMERSIVE EXHIBITION」』がパシフィコ横浜で開催される。

動く、ミュシャ展「iMUCHA IMMERSIVE EXHIBITION」
『動く、ミュシャ展「iMUCHA IMMERSIVE EXHIBITION」』

あの名画が動く? 五感で楽しむ「イマーシブ展」

本展の特徴は、チェコを拠点に活動するマルチメディアプロデュースチーム、iMUCHA Production(アイミュシャ プロダクション)が手がける新しいアート体験だ。

イマーシブ(没入)の意味の通り、空間に絵画を投影し五感で体験する内容で、壮大な音楽と映像のシンクロを楽しむアートコンテンツ。ミュシャを題材とした「イマーシブ展」は、今回の横浜展が世界初披露である。

公式ウェブサイトのトップページでは、動く絵画の様子を垣間見ることができる。開館時間、休館日、チケットなどの詳細は追って発表予定だ。この夏は、ミュシャの描く絵画の魅力に触れてみよう。

『動く、ミュシャ展「iMUCHA IMMERSIVE EXHIBITION」』の詳細はこちら

関連記事

国立新美術館で「メトロポリタン美術館展」を楽しむ5のこと

閉館するチームラボボーダレス、最後の展示は桜のインスタレーション

NFTに特化した国内初の美術館、3月1日にリニューアルオープン

地域に根差すアート拠点、鳥取美術館が2025年春に開館

業界初、製作過程を公開する国際映画スタジオがギンザシックスにオープン

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告