NFT鳴門
『竜とそばかすの姫』とアンリアレイジのコラボ衣装

NFTに特化した国内初の美術館、3月1日にリニューアルオープン

NFT鳴門美術館、開館記念は『竜とそばかすの姫』の衣装やAIが描いた作品など展示

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

徳島県鳴門市にある、日本初のNFT(Non Fungible Token、非代替制トークン)を専門に扱う美術館、NFT鳴門美術館が2022年3月1日(火)にリニューアルオープンする。

同美術館は、2021年8月に鳴門ガレの森美術館から改称して開館。美術作品に関するNFTの発行から審査、販売までの一次販売と、二次販売として流通させられるマーケットプレイスを提供することに特化しており、国内初の試みとして注目を集めた。

NFT鳴門
NFT鳴門美術館

しかし、開館に際しての内装リニューアル工事が新型コロナウイルス感染症による影響で遅れ、オープンは2度にわたって延期していた。そうした困難を乗り越え、ついに開館にこぎつけた形だ。

今回刷新されたのは茶の間や収蔵庫など。茶の間では休憩やゲームなどができるほか、VR(仮想現実)ゲームやメタバース、NFTの勉強ができる部屋も設けられた。2階のカフェでは、医療機関が監修した無添加の弁当なども提供する。 

NFT鳴門
収蔵庫
NFT鳴門
VRゲームやNFTの勉強ができるルーム
 NFT鳴門
カフェテリア

開館に際しては、NFT作品をはじめとしたさまざまな作品を展示。以下にその一部を紹介していきたい。

2021年に話題となった映画『竜とそばかすの姫』と、ファッションブランドのアンリアレイジがコラボレーションした衣装は、そのデジタルデータ(NFT)とともに展示。開館記念には全11点が並ぶ。

 NFT鳴門
『竜とそばかすの姫』とアンリアレイジのコラボ衣装

さらに、AI(人工知能)が自動で制作した作品を展示する『DEEP ART展』も開催。作品は40台のモニターで見ることができる。

NFT鳴門
AIが自動制作した作品を40台のモニターで展示する『DEEP ART展』
NFT鳴門
『DEEP ART展』

ヒロ・ヤマガタによる車や原画のコレクション、改称前には館名にもなっていたエミール・ガレの質の高い作品群など、NFT以外のリアルな作品も充実している。

NFT鳴門
ヒロ・ヤマガタのコレクション展示風景
NFT鳴門
エミール・ガレ作品展示風景

なお、同美術館をSNSに投稿すると、3月1日限定で入館料が無料になる。そのほかの開館時間や入館料などの詳細は、公式ウェブサイトを参照してほしい。

NFT鳴門美術館の詳細はこちら

関連記事

業界初、製作過程を公開する国際映画スタジオがギンザシックスにオープン

地域に根差すアート拠点、鳥取美術館が2025年春に開館

国立新美術館で「メトロポリタン美術館展」を楽しむ5のこと

Rakuten NFT、2022年5月以降アート作品の販売へ

2022年世界のトレンド:つまらないNFTアートの終わり

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告