Photo by Andrey Metelev on Unsplash
Photo by Andrey Metelev on Unsplash

Rakuten NFT、2022年5月以降アート作品の販売へ

三沢厚彦や障がい者の作品、工芸なども

テキスト:
Time Out Tokyo Editors
広告

楽天グループは、2022年2月25日(金)から開始するNFT(Non Fungible Token、非代替性トークン)に特化したさまざまなサービスを提供する「Rakuten NFT」において、NFTアートの分野にも参入すると発表した。

アート分野への事業展開に当たってRakuten NFTは、一般社団法人アートパワーズジャパンと提携、同法人が展開するNFTアート作品を発売するという。NFTアートの監修を担うキュレーターチームは、アートパワーズジャパンのアートプロデューサーの山口裕美、東京都立大学准教授の楠見清、東京都写真美術館の関昭郎、東京都現代美術館の森山朋絵の4人だ。

販売する作品第1弾は、5月以降に発売予定。「PRIME」「EMERGING」「CHALLENGED ART」「KOGEI」の4つのカテゴリーから成る。

「PRIME」では、国内外で注目されている三沢厚彦、中村ケンゴ、山口典子氏などの作品を、「EMERGING」では期待の若手アーティストの作品を扱う。「CHALLENGED ART」では、障がい者の作品、「KOGEI」は工芸の新たな在り方を追求する作品を対象とする。素材や物質性など実物と接することが特に重要である工芸作品が、NFTになるというのは想像しにくく、興味深くもある。

Rakuten NFT/アートパワーズジャパン
Rakuten NFT/アートパワーズジャパン

購入したNFTは、Rakuten NFTのマイページにコレクションできたり、マーケットプレイスに出品して販売したりできる。購入に際しては楽天IDが使え、「楽天ポイント」をためたり利用したりができるので便利だ。

なお、Rakuten NFTのサービスが開始される2月25日19時からは、オンラインイベント『#Rakuten_NFTはじまる』も予定されている。サービス内容や販売予定のNFTコンテンツを紹介するほか、山口裕美も登壇、今回の取り組みと将来の展望についてもプレゼンテーションするという。参加には、Rakuten NFT公式TwitterRakuten TV配信ページにアクセスする必要がある。

Rakuten NFTの詳細はこちら

関連記事

2022年世界のトレンド:つまらないNFTアートの終わり

寿司を提供するNFTレストランがニューヨークにオープン

藤原ヒロシとマーク・ゴンザレスがNFTプロジェクトを開始

ニューヨークでNFTアートオンリーのアートフェアが開催

日本初のバーチャルスニーカーが9分で完売、価格は140万円

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告