Airbnb logo on an Apple device
Photograph: BigTunaOnline / Shutterstock.com

Airbnbがウクライナ人難民に仮住まいを無償提供

非営利部門を通じて最大10万人分

テキスト:
Atsushi Tonosaki
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

ロシアのウクライナ侵攻により、すでに50万人以上のウクライナ人難民が故郷を離れた。世界各国がビザ申請の迅速化や安全な避難所の提供を急ぐ中、多くの企業も自分たちのできることをしようとしている。

民泊プラットフォームを提供するAirbnbは、ウクライナからの難民に最大10万人の仮住まいを提供することを発表した。この計画は、同社の非営利部門であるAirbnb.orgを通じて運用されるが、資金はAirbnbが拠出する予定だ。

Airbnb.orgでは、物件所有者に対しては、管理している物件をこのプロジェクトへ提供するよう積極的に働きかけている。確保された物件は、ウクライナの再定住機関と提携し、住まいを必要としている難民とマッチングされるという。難民を受け入れた場合の物件利用料金は、Airbnb.orgからホストへ支払われる。

これは単なるマーケティング戦略ではないか、と(冷笑的に)思う人もいるかもしれない。しかしAirbnbにはすでに、自社プラットフォームを活用して難民を手助けした実績がある。先週、同社は2万人のアフガニスタン難民の収容に成功したと発表したばかりだ。

なんにせよ、​​今回の「10万人」という数字は大きいため、この計画は確実に大きなインパクトを与えることになるだろう。ウクライナ周辺に物件を持っている人は、物件の提供を検討してみてはどうだろう。

原文はこちら

関連記事

今すぐウクライナの人々を支援する方法

東京都庁、ウクライナ国旗色にライトアップ

山奥に眠るメタボリズム建築の傑作が宿泊施設へ

谷中を旅するように暮せるホテル、YANAKA SOWが誕生

旅人を癒やし地域再生へ、富山に古民家を改修したアートホテル誕生

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告