『ふたこクリームソーダ』
『ふたこクリームソーダ』

二子玉川で昭和気分? レトロな「ふたこクリームソーダ」販売

エクセルホテル東急で6月5日から提供

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

冷たいドリンクが恋しくなる季節がやって来た。キンキンに冷えたビールもいいが、時には懐かしい気分に浸ってレトロなクリームソーダでひと息入れるのもおすすめだ。この夏、二子玉川エクセルホテル東急では、ホテル内のザ サーティース ダイニング バーで昭和のノスタルジーを感じる『ふたこクリームソーダ』を販売する。

『昭和レトロセット』(スイカ、パイン、メロン)
『昭和レトロセット』(スイカ、パイン、メロン)

全6種類のレトロなクリームソーダ

『ふたこクリームソーダ』は、スイカ、パイン、メロン、バブルガム、ポップコーン、キュウリのアラカルト6種類(1,500円)で、カラフルかつレトロな見た目と独自の味わいが特徴。少量ずつ飲み比べができる『飲み比べ3種セット』(1,600円)や、変わり種のフレーバーをそろえた『クセ強セット』や『昭和レトロセット』も用意している。

 『クセ強セット』(バブルガム、ポップコーン、きゅうり)
『クセ強セット』(バブルガム、ポップコーン、きゅうり)

昭和時代の夏の過ごし方に着想

かつて昭和の時代には、「サテン(喫茶店)でレイコー(アイスコーヒー)やクリソ(クリームソーダ)を飲んで、クーラーで涼む」という夏の過ごし方があった。今回の商品は令和の夏の過ごし方として、ノスタルジーあふれる「クリームソーダ」に焦点を当て、レトロで写真「映え」する見た目と爽やかなおいしさを提供するという。

ザ サーティース ダイニング バー
ザ サーティース ダイニング バー

販売期間は2021年6月5日(土)から9月30日(木)。クーラーのきいた室内もいいが、敢えてテラスで太陽を浴びながら『ふたこクリームソーダ』を楽しんでみては。

『ふたこクリームソーダ』の詳細はこちら

関連記事

チームラボプラネッツが裸足で水中を歩く夏限定の展示を開催

渋谷109に「ヤクルトのアイス屋さん」が期間限定オープン

ピチピチギャルから熟女まで? パンダ自身2号が発売

「ワンピース」の名シーンが100台のタクシーになって東京を走行中

物語の世界観を再現、ムーミンバレーパーク認定の客室がオープン

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告