Football fans Euro 2020 England pub
Photograph: Sandor Szmutko / Shutterstock.com

UEFA Euro 2028、イギリスとアイルランドでの開催がほぼ決定

ロシアとトルコが立候補しない見込み

Sophie Dickinson
テキスト:
Sophie Dickinson
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

2021年夏、サッカーのイングランド代表チームを応援し、最後にがっかりした人たちにうれしいニュースが届いた。もうすぐイギリスとアイルランドが、2028年のUEFA欧州選手権(UEFA Euro)の開催国として発表されそうなのだ。ライバルとされていたロシアとトルコが立候補しない見込みで、ほかに候補になりそうな国はないという。

ロシアはウクライナへの侵攻後、国際スポーツ界から追放されたため、その脱落は必然といえる。トルコは、イギリスとアイルランドに挑戦する気はないと見られている。一方イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド、そしてアイルランドのサッカー協会は最近、FIFAワールドカップの2030年大会の招致を取りやめ、UEFA欧州選手の2028年大会に集中していた。立候補の締め切りは、2022年3月23日(水)まで。間際に手を挙げる想定外の国が現れないことを祈りたい。

開催国の正式発表は、2022年4月7日(木)に予定されている。2028年はまだまだ先の話と感じるかもしれない。しかし、とんでもない年になるのは間違いなさそうだ。

原文はこちら

関連記事

イギリスで盛り上がりを見せる、週4日労働の導入

ウェス・アンダーソンがデザインした列車がイギリスで運行

ブライトンで「ハチの巣レンガ」と鳥の巣箱を設置推進

世界で最もアクセントがセクシーなのはイギリス英語

世界の朝ごはんが楽しめるワールド・ブレックファースト・オールデイが銀座に登場

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告