Wes Anderson train carriage
Photograph: Belmond

ウェス・アンダーソンがデザインした列車がイギリスで運行

映画の世界感が実際の列車に

テキスト:
Ed Cunningham
広告

ウェス・アンダーソンの映画に登場する列車は、彼の映画に登場するほとんど全ての要素と同様に、眉をひそめるほどのシュールさと、とてつもない美しさの間の微妙な境界線上にある。

映画『ダージリン急行』や『グランド・ブダペスト・ホテル』、そして近日公開予定の『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』などのアンダーソン作品で見られるように、彼が作り出す列車は、鮮やかなパステルカラーと目の覚めるような模様であふれている。

アンダーソン作品の列車が好きな人は、間違いなくそんな列車に乗ってみたいと思っていることだろう。実は、その夢がかなえられるかもしれない企画がある。旅行会社のベルモンドとのコラボレーションにより、アンダーソンがイギリスのプルマン列車の客車をリデザインしたのだ。

Wes Anderson train carriage
Photograph: Belmond

現実のものとなる「ウェス・アンダーソン列車」は、映画の中と同じように装飾が特徴的。彼がリデザインしたプルマン列車の車両は、パステルピンクの天井、グリーンのカーペットと椅子、シンメトリーの模様、そして全体的にアールヌーボー調のテイストで彩られている。さらにラグジュアリーな雰囲気を楽しみたい人のために、オリジナルのカクテルと豪華な軽食が味わえるプライベートスイートも2つ用意されるという。

想像の通りチケットは少々高い。この列車に乗れる『Pullman Dining by Wes Anderson』は1人400ポンド(約6万2,600円)、プライベートスイートは1,800ポンド(約28万1,900円)からとなっている。この列車が具体的にどこへ向かうのかは不明だが、イギリス国内のいくつかの都市を結ぶようだ。詳細や予約については、ベルモンドの公式ウェブサイトを確認しよう。

原文はこちら

関連記事

ロンドンでウェス・アンダーソンの新作についての展覧会が開催

ウェス・アンダーソンの代表作に登場したあの家がレンタル可能に

インタビュー:ウェス・アンダーソン

細田守の新作、カンヌで10分超えのスタンディングオベーション

飲みながら学ベる? メキシコでテキーラ飲み放題の鉄道旅へ

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告