The French Dispatch
Photo Courtesy of Searchlight Pictures. © 2020 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

ロンドンでウェス・アンダーソンの新作についての展覧会が開催

オリジナルセット、小道具、衣装、アートワークなどで構成

テキスト:
Chris Waywell
広告

おかしな衣装、奇妙な風景、古風なせりふ、ビル・マーレイ……。ある映像作品がウェス・アンダーソンが手がけたものかどうかの判断は、こうした要素を見ればすぐにつくだろう。

アンダーソン独特のテイストは、「ウェス・アンダーソンっぽいもの」という副次的なジャンルを成立させ、彼の映画に出てきそうなデザインやカラーリングのケーブルカーやビーチ小屋、淡いブルーのホテルロビー、アーガイルベストなどが見られるようになった。

純粋なファンから次のデザインの「ネタ」を求める人たちまで、多くが待望しているアンダーソンの新作『The French Dispatch(邦題:フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊)』は、世界各地で2021年10月に公開。これに合わせてロンドンのギャラリーである180 The Strandで、同作品についての展覧会が開催中だ。

ブルータリズム建築が特徴のこの展示会場は、アンダーソンの風変わりなテイストには合わないようにも思えるが、彼がここで展覧会を開催するのは初めてではない。2018年にアニメーション映画『犬ヶ島』に特化した展覧会を開催している。

今回の新しい展覧会で見られるのは、『The French Dispatch』のオリジナルセット、小道具、衣装、アートワークなど。また、映画に登場するカフェ、Le Sans Blagueのクラシックなフランス菓子も楽しむことができる。

『The French Dispatch』では、架空の新聞社によってリンクされる複数の物語が展開される。それらの物語とは、犯罪まで犯してしまう正気ではない芸術家の物語、1968年の学生暴動に関する物語、そして「ドラッグ、誘拐、美食」に関する物語の3つ。新聞社で働くのは変わっている人たちということで、我々タイムアウトのメンバーはすでにこの映画の大ファンだ。

展覧会は2021年11月14日(日)まで開催。チケットは180 The Strandの公式ウェブサイトで予約できる。

原文はこちら

関連記事

デューン砂の惑星、007など10月公開の注目映画3選

細田守の新作、カンヌで10分超えのスタンディングオベーション

ウェス・アンダーソンの代表作に登場したあの家がレンタル可能に

インタビュー:ウェス・アンダーソン

鑑賞は無料、渋谷スカイ屋上で野外映画イベントが開催

最新ニュース

    広告