Photo: ときたまひみつきち コモリバ
Photo: ときたまひみつきち コモリバ

都心を離れて「ととのう」アウトドアサウナ付きのグランピング施設へ

ときたまひみつきち コモリバで至高のサウナ体験を提供

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

コロナ禍で安全に過ごす楽しみの一つとして、その人気に拍車がかかっているグランピング。埼玉県のときたまひみつきち コモリバは、おふろカフェ ウタタネでおなじみの、温泉道場グループが運営するグランピング施設だ。川と自然のなかでバーベキューやたき火、川遊びなどさまざまなアクティビティが用意されているが、なかでもアウトドアサウナ付きの宿泊プランが話題を呼んでいる。 

ときたまひみつきち コモリバ
『イグルーサウナ』(Photo: ときたまひみつきち コモリバ)

3種類の本格サウナで「ととのう」

ときたまひみつきち コモリバのアウトドアサウナは全て薪(まき)だき式だけで3種類。フィンランドのサウナ小屋を再現した伝統的な『サウナモッキ』、普通自動車でけん引できるというコンパクトサウナトレーラーの『アセマ』、川のほとりで「ととのい」体験がかなう、かまくら型の野外設置サウナ『イグルーサウナ』だ。

ときたまひみつきち コモリバ
『イグルーサウナ』『アセマ』(Photo: ときたまひみつきち コモリバ)

現在、公式ウェブサイトの宿泊予約からは『サウナモッキ』と『イグルーサウナ』の2種類が選べる。なかでも日本に3つしかないという薪だき式の『イグルーサウナ』は貴重だ。「密」を避けて都心のサウナ施設を我慢している人も、大自然のなかでゆったりとアウトドアサウナを楽しむ選択はありかもしれない。

ときたまひみつきち コモリバ公式ウェブサイトはこちら

関連記事

アウトドアサウナできるキャンプ場9選

東京近郊のグランピング施設17選

鳴子温泉郷で湯治ワークを体験、その魅力とは

稲毛海浜公園にオープンしたグランピング施設が革新的な6の理由

材木座ビーチを一望、鎌倉の新たなバケーションレンタル施設へ

最新ニュース

    広告