Chim↑Pom from Smappa!Group
Chim↑Pom from Smappa!Group

「水商売」差別に異議、芸術家集団Chim↑Pomがグループ名を改名

森美術館の対応に発端、Chim↑Pom from Smappa!Groupとして当面活動

テキスト:
Hisato Hayashi
広告

2022年4月27日(水)から、芸術家集団Chim↑Pomが「Chim↑Pom from Smappa!Group」に名称を改めて活動すると発表した。経緯は現在開催中の『ハッピースプリング』展において、設営費などを賄う費用の協力要請を森美術館から受けた際、Smappa!Groupからの協賛申し出のみ断られたことに始まる。

文化都市のブランディングとして「接客を伴う水商売を行う会社のロゴは掲載しない」との返答を受け、Chim↑Pomは当面の間、正式名称を改名して活動する。

職業差別は「旧来のジェントリフィケーションの典型」

Smappa!Groupはこれまでに新宿歌舞伎町のホストクラブをはじめ、ギャラリー兼バーのデカメロン、歌舞伎町初の書店であった歌舞伎町ブックセンター、介護施設の運営、街のゴミ拾いや地域行事への参加など、従来の「ホスト」のイメージを覆すさまざまな活動を行ってきた。

会長の手塚マキはChim↑Pomのメンバーであるエリイのパートナーであり、歌舞伎町商店街振興組合の常任理事やボランティア団体『夜鳥の界』のリーダーを務め、「水商売」を含むナイトワークへの偏見や差別と戦ってきた人物でもある。

Chim↑Pomは森美術館の対応について、「クリエイティブ産業が街から『猥雑』なものを十把一絡げに職種や属性により排除する『旧来のジェントリフィケーション』の典型」と声明文の中で指摘。改名については、「Chim↑Pom from Smappa!Groupを正式名称として、全ての媒体や広報物において使用を徹底して頂くこと」「引き続き、Smappa!Groupの協賛金受け取りとロゴの掲載をご検討頂くこと」(原文ママ)の2点を要求している。現在、森美術館側の返答は得られていない。

公式発表の詳細はこちら

関連記事

Chim↑Pomが森美術館内に託児所を開設、クラファン実施中

ニューヨークに「逆さま美術館」がオープン

元ナンバーワンホストに聞く、歌舞伎町の未来

2022年、見逃せない芸術祭4選

銀座の中銀カプセルタワービルがついに解体、3Dデジタルアーカイブ化始動

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告