Andy Warhol
Photograph: David Hume Kennerly

ニューヨークでウォーホルをテーマにした没入型演劇が上演

舞台はイーストビレッジ、ウォーキングツアー形式で鑑賞

Anna Rahmanan
テキスト:
Anna Rahmanan
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

ニューヨークのブルックリン美術館で数カ月前にスタートした展覧会が高い評価を得ているアンディ・ウォーホル。今度は、ニューヨーク市内を巡る没入型演劇の新作『Chasing Andy Warhol』で、スポットライトが当てられることになった。この作品を手がけるのは、Bated Breath Theatre Company。ロングランしたパンデミックフレンドリーな作品『Voyeur: The Windows of Toulouse-Lautrec』を作り上げたカンパニーだ。

『Voyeur』では文字通りウエストビレッジを1899年のパリに変えたが、今作はイーストビレッジが舞台。ウォーホルがアート界に大きな影響を与えた20世紀半ばへと観客を一気に引き込み、スーパースターアーティストに夢中になっている美術学生の目を通して、ウォーホルの人生とキャリアに迫る。

上演はウォーキングツアー形式。ツアーはアスタープレイスから始まり、バワリー地区を横切り、Von Barで終了。途中、通りや秘密の場所、イーストビレッジの有名店などで、俳優たちが観客を楽しませてくれる。

約90分間続く各「セッション」の最大観客数は16人。上演期間中の木曜日から日曜日まで、45分おきにスタートする。観客は13歳以上であることが条件だ。

この作品のクリエーター兼ディレクターのマーラ・リーバーマンは、バラエティ誌に次のように語っている。ウォーホルのたくましさと、時代が必要とするものを感じ取る能力に触れていない(ニューヨークの)文化はないでしょう。このような演劇作品を作ること、そしてニューヨークの街自体が「相手役」として機能させていることを考えると、とてもエキサイティングです」 

「没入型文化体験」といえば、ニューヨークでは、グスタフ・クリムトに焦点を当てたものや、クロード・モネに関するものなど、数々の素晴らしい企画が準備されている。そしてニューヨーク最大の没入型演劇であるスリープ・ノー・モアの上演が、2年間の休止期間を経て、新しい「出来事」とともに再スタートしたばかりということも忘れてはならない。

『Chasing Andy Warhol』は、2022年3月25日(金)にプレビューを開始し、4月7日(木)に正式に開幕する。チケットはすでにfeverで発売中だ。

原文はこちら

関連記事

2022年春、ニューヨークでバスキアの没入型展覧会が開催

ロンドンでフリーダ・カーロとディエゴ・リベラの没入型展覧会が開催

2022年、世界で注目するべき22のこと

ニューヨークでの週5日労働が終えん?

2022年夏「動く、ミュシャ展」がパシフィコ横浜で世界初開催

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告