ニュース

ミヤシタパーク屋上にドラえもん誕生50周年を記念した銅像が登場

高さ3.921メートルの『ドラえもん みらいのとびら』、パーマンやエスパー魔美も

Youka Nagase
テキスト:
Youka Nagase
Editorial Assistant, Time Out Tokyo
Doraemon Miyashita Park
Photo: Keisuke Tanigawa
広告

ドラえもん誕生50周年を記念して、2021年12月1日、藤子・F・不二雄プロが銅像『ドラえもん みらいのとびら』を渋谷のミヤシタパーク屋上に設置した。

Doraemon Miyashita Park
Photo: Keisuke Tanigawa

この銅像は、3.921メートルの『どこでもドア』が舞台で、この「3.921」という数字は、ドラえもんの身長129.3センチメートルを逆にしたもの。ドアの周りには『ドラえもん』をはじめ、『キテレツ大百科』『パーマン』『お化けのQ太郎』『21エモン』『エスパー魔美』『チンプイ』といった藤子・F・不二雄プロが世に送り出してきた人気漫画のキャラクター11体がちりばめられている。

Doraemon Miyashita Park
Photo: Keisuke Tanigawa

ドアの中央前にはのび太と並んでドラえもん、その周りには『スモールライト』などドラえもんの道具7つが散らばっている。このモニュメントのテーマは「SF-すこしふしぎ-」。どこが不思議なのか、訪れた際には足を止めて見てほしい。

Doraemon Miyashita Park
Photo: Keisuke Tanigawa

ドラえもんが好きなら、ほかにも神奈川県の川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムで『藤子・F・不二雄ミュージアム 10周年記念原画展』を開催している。2022年6月30日(木)までなので、こちらも併せて訪れては。

原文はこちら

関連記事

上野の歴史を読み解く展示、東京都美術館で開催中

日本最古のビアホール、銀座ライオンビルが登録有形文化財に

安藤忠雄のヴァレーギャラリーなど直島に2022年3月オープン

暗闇で会津漆器に触れて、ダイアログ・ミュージアムが新企画を開催中

クイーン、結成から50年の軌跡をたどる展覧会がスタート

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告