バーニーズ ニューヨーク新宿店
バーニーズ ニューヨーク新宿店

バーニーズニューヨーク新宿が2月末で閉店

アメリカに続き日本でも、2月28日が最終日

https://media.timeout.com/images/105811810/image.jpg
テキスト:
Mari Hiratsuka
広告

アメリカのバーニーズニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)全店舗が2020年2月に閉店となった時、多くの人が悲しみ、閉店当日には惜しむ人が店に駆けつけた。 アメリカでのバーニーズの歴史は長く、1923年にマンハッタンに最初の店舗を開業、97年間にわたり営業していた。

日本ではアメリカのバーニーズと資本関係がないため、昨年の時点では営業を続ける方針であったが、新型コロナウイルスの影響のためか「売上高の減少が継続し、回復の見込みが立たない」との理由で、新宿店が2021年2月28日(日)に閉店することが発表された。

新宿店は日本1号店として、1990年11月にオープン。 ヨーロッパやアメリカで買い付けたハイクオリティーなメンズ、ウィメンズのウェアなど、先見性の高い独自の審美眼のアイテムをそろえていた。

なお、銀座と横浜、御殿場、神戸店は引き続き営業する。 もし別れを惜しんで店舗にいく場合は、緊急事態宣言の影響で、関東圏の店舗は年1月8日(金)から営業時間を1時間短縮し、11〜19時になるので注意してほしい。

関連記事

2020年、閉店した東京のランドマーク7選

100%リサイクル可能、靴のサブスクサービスが2021年から開始

「BORO」から学ぶサステナビリティ

不要な素材を進化させたアップサイクルアイテム6選

 大切な人に贈りたい日本の伝統工芸品8選 

最新ニュース

    広告