SG Club
エスジー クラブ

アジアベストバー2021の第3位に渋谷のエスジー クラブが輝く

今年からリストを拡張し100軒へ、日本は最多となる20軒がラインクイン

作成者:
Emma Steen
広告

今年もアジア地域全てのバーの中から最高のバーを決めるアワード『Asia's 50 Best Bars 2021』の季節がやってきた。

2021年5月6日にオンライン授賞式が開催され、渋谷のカクテルバーであるエスジー クラブが日本国内で最高位となる第3位の受賞を果たした。さらに今年はランキングのリストを50軒拡張し、合計100のバーを選出。日本からは、他国と比べ最多となる20のバーがリストインした。本記事では、日本からリストインしたトップバーを順に紹介していこう。

SGクラブ
Photo: エスジー クラブ

エスジー クラブは、店内に全く雰囲気の異なるバーが存在するのが特徴的だ。「Sip」と名付けられた酒場のような雰囲気の洗練された空間と、「Guzzle」という昼間においしいカレーも楽しめるカジュアルなバー、会員制のシガーとカクテルのペアリングを楽しめる「Savor」の3フロア。提供されるカクテルは、クラシックであると同時に革新的であるという完璧なバランスを持った一杯である。

SGクラブ創設者後閑信吾
Photo: 後閑信吾

また、創設者およびヘッドバーテンダーである後閑信吾は、業界の進歩に最も貢献した一人として評価されるとともに『Roku Industry Icon Award』も同時受賞した。そのほか、同バーを運営するエスジーグループからは、2020年6月に渋谷宇田川町にオープンさせた「大正モダンな特殊喫茶(カフェー)」を現代のカクテルバーとして表現した新たな店舗であるザ ベルウッドが、69位に入っている。

Disaronno Highest NewEntryの受賞者であるBee'sKnees
Photo: ビーズニー

昨年は15位にランクインしていた新宿のベンフィディックは、今年は9位と順位を上げた。薬草を使用した珍しい酒を多く提供するバーだ。昨年、東京以外のバーで初めてリストインした京都のトップバーの一つであるビーズニーは、今年は日本で3番目に優れたバーとして18位に位置している。

バートレンチ
写真:バートレンチ

同ランキング常連のバーハイファイブは24位と順位を昨年から4位下げたが、100万ドルのカクテルという名前を持つ『ミリオン・ダラー』など、日本発のクラシックカクテルなどを提供し、東京最高のバーの一つとして変わらぬ人気を維持している。

アブサンミックスドリンクで有名なバートレンチ43位、1996年に国際バーテンダー協会(IBA)が催す世界カクテルコンクールにおいて、 日本人初となる優勝の栄誉に輝いた岸 久がオーナーを務める名門スターバーは50位にランクインした。

51位以下にランクインした日本の店舗は下記で確認しよう。 

56. 石の華(渋谷)

57.バー ランドスケープ(銀座)

60.ミクソロジーヘリテージ(日比谷)

62.ランプ バー(奈良)

69. ベルウッド(渋谷)

72.バー オーチャード ギンザ(銀座)

80.バー ロッキングチェア(京都)

84.リキッドファクトリー(渋谷)

87.ミクソロジー サロ​​ン(銀座)

94.アーク ラウンジ バー(青森)

98.メメント モリ(虎ノ門)

99.ゲン ヤマモト(麻布十番)

東京では、非常事態宣言下で外での飲酒には自粛が求められているが、外に出かけられるようになった際には感染対策をしつつ、一人静かに極上のカクテルとの対話を楽しんでみるのもいいかもしれない。

原文はこちら

関連記事

東京、クラフトビールをテイクアウトしたい店

コオロギ原料クラフトビールがオンラインショップを開設

SNSで話題のロシア食品の専門店、赤の広場が銀座にオープン

池尻大橋にタコス専門店がオープン、自由に楽しむ食のニューノーマルへ

一日中朝食が楽しめるカフェ、プルミエメが代々木公園駅前にオープン

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告