Wes Anderson Singapore
Kevin Siyuan

ウェス・アンダーソンのようなシンガポールとは?

シンガポールの映像作家がショートフィルムを公開

テキスト:
Izza Sofia
広告

シンガポールの建築写真家であり映像作家でもあるケビン・スーユアンが、世界の名だたる建築家がシンガポールとその人々のために建てた建物を集めたショートフィルムを発表した。しかし、1年間にわたるシンガポール探求の集大成として出来上がったこの作品は、普通の作品ではない。ウェス・アンダーソンの映画作品から大きな影響を受け、作られているのだ。

『A Wes Anderson-ish Singapore(ウェス・アンダーソンのようなシンガポール)』と題されたこの作品が焦点を当てているのは、パンデミック後のシンガポールにおける、多様な建築物、街、公園や緑地、そして人々。例えば、マリーナベイサンズのアップルストア、シンガポール・チャンギ国際空港、フォスター+パートナーズが手がけた最高裁判所、Golden Mile Complexなどの象徴的な建築物を紹介し、​​さらにシンガポールの目を引くストリートアートもフィーチャーしている。

スーユアンによると、アンダーソンの代表作である『グランド・ブダペスト・ホテル』『ライフ・アクアティック』『ムーンライズ・キングダム』のほか、そして最近(現地で)公開された『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』からもインスピレーションを得ているという。

ショートフィルムの説明文でスーユアンは「この作品のシーンは主に建築物に焦点を当てて、フラットでシンメトリーな視点ででフレーミングされています。しかし、文脈と盛り込まれている要素は、シンガポールならではのものなのです」と述べている。

「ウェス・アンダーソンのようなシンガポール」とはどんなものなのか。作品は以下で観ることができる。

原文はこちら

関連記事

ウェス・アンダーソンがデザインした列車がイギリスで運行

ロンドンでウェス・アンダーソンの新作についての展覧会が開催

インタビュー:ウェス・アンダーソン

ウェス・アンダーソンの代表作に登場したあの家がレンタル可能に

ミシュランガイド シンガポール2021が発表

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら 

最新ニュース

    広告