Plantoir, Blue
Photograph: Steven Probert, courtesy of Claes Oldenburg and Coosje van Bruggen, Paula Cooper Gallery, New York.

ニューヨークのロックフェラーセンターに巨大スコップが突き刺る

再復興をオマージュした彫刻が登場

Shaye Weaver
テキスト:
Shaye Weaver
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

ニューヨークのロックフェラーセンターに巨大なスコップが現れた。空から降ってきて、センターのど真ん中に刺さったかのようにも見えるこのスコップの大きさは23フィート(約7メートル)で、重さは2300ポンド(約1トン)だという。

これは2022年3月22日に公開された、クレス・オルデンバーグとクージェ・ファン・ブリュッヘンによる『Plantoir, Blue』という彫刻作品。ニューヨークの再復興に対するオマージュとして、ペイントされたアルミニウムとステンレススチールで作られた。

2002年、メトロポリタン美術館の屋上で同じモチーフの赤色の彫刻を展示したオルデンバーグとファン・ブリュッヘンは、果物ボウル、道具箱、おもちゃ箱などからモチーフになり得る親しみやすい形や色を探し出すことで知られている。彼らは見つけたオブジェクトを拡大して命を吹き込み、センターの担当者が表現している通り、まさに「エネルギッシュな動きのある瞬間を固定するように」作品を作る。

彼らの作品は、ミネアポリス彫刻庭園の『Spoonbridge and Cherry』、オランダのアイントホーフェンにある『Flying Pins』、フィラデルフィアの『Clothespin』、ドイツのケルンのビル屋上に置かれた『Dropped Cone』などでよく知られている。

『Plantoir, Blue』の展示は、5月6日(金)まで行われている。

原文はこちら

関連記事

ニューヨークで伝説のローラーディスコが復活

ニューヨークのラフ・トレードがマンハッタンへ移転

アンディ・ウォーホルの写真作品展がニューヨークで開催

ニューヨークにNFT自動販売機が出現

ニューヨーク市が横断歩道のかさ上げを促進

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告