NFT vending machine
Photograph: Courtesy of Neon

ニューヨークにNFT自動販売機が出現

デジタルコレクションの入手が簡単に

Anna Rahmanan
テキスト:
Anna Rahmanan
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

正直なところ、我々はNFTが何なのか、完璧に理解しているわけでわない。そんな中でも、NFT関連の話題は次々と入ってくる。今度はニューヨークのフィナンシャル・ディストリクトに、クレジットカードでNFTを購入できる自動販売機が設置されたという。

設置場所は、ジョン・ストリート29番地。プレスリリースでは「世界初のNFT自動販売機」と説明されているが、Googleで検索してみるとそうではないことが分かる。とはいえ、NFTはまだ新しい現象なので、わが街に24時間いつでもNFTが買えるスポットができたのは、とてもクールなことといえるだろう。

NFT vending machine
Photograph: Courtesy of Neon

この販売機を運営しているのは、NFTとデジタルコレクションプラットフォームであるNeon。クレジットカードまたはデビットカードで、好きなNFTを選んで購入すると販売機から出てくるのは「箱」で、その中に入っている「QRコード」をNeon上でスキャンすると、NFTが入手できる。

Neonの最高マーケティング責任者で共同創業者のジョーダン・バーンホルツは、プレスリリースで次のように述べている。

「私たちの目標は、アーティストやクリエーターがデジタルアートを誰にでも販売できるようにし、コレクターになりたい人を支援すること。自動販売機とシンプルなオンラインプラットフォームを使い、暗号通貨のやり取りとNFTの入手を切り離すことで、可能な限り幅広い層の人々を取り込むことができます。NFTの売買が『謎』である必要はないのです」

残念ながら、我々にとってNFTは「謎」であることには変わりない。新しいアート? 通貨? それとも物々交換なのか、その謎は深まるばかりだが、今後も新しい動きがあれば伝えていきたい。

原文はこちら

NFT vending machine
Photograph: Courtesy of Neon

関連記事

2022年世界のトレンド:つまらないNFTアートの終わり

2022年世界のトレンド:ナイトライフを変える暗号資産

寿司を提供するNFTレストランがニューヨークにオープン

Rakuten NFT、2022年5月以降アート作品の販売へ

藤原ヒロシとマーク・ゴンザレスがNFTプロジェクトを開始

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら  

最新ニュース

    広告