東京、ワールドミュージックを楽しむレストラン&バー

渋谷、吉祥寺、浅草、四ッ谷で味わう、世界の音楽と食

1/3
2/3
3/3

異国の情緒に浸りたい衝動を満たすのに、東京は最高の街だ。無いものを探すほうが難しいほどに、世界中の郷土料理が集まっている場所であることは周知の通り。本記事では、食だけでなく音楽のライブやDJも楽しめる店を紹介する。アフリカやブラジル、カリブ海地域、モンゴルなど、舌と耳で楽しむ世界旅行へ出かけよう。

サッシペレレ
1/10

サッシペレレ

1974年開業のサッシペレレは、ブラジルの料理と音楽が楽しめる日本で最初の店としてオープンした。ボサノバ歌手の小野リサの父親が開き、現在は小野の妹が店長を務めている店としても有名。毎晩のようにサンバやボサノバの生演奏で盛り上がる。フードは、日本人向けに食べやすい味に調整されているフェイジョアーダ(豆と豚肉、牛肉を煮込んだ料理)と、臭みのないケール、ダイナミックなリングイッサ(ポルトガル風のソーセージ)がワンプレートになった『マリアランチ』がおすすめ。スパイシーな料理は、『カイピリーニャ』(蒸留酒のカシャーサをベースにしたカクテル)との相性も抜群。

詳細情報
四ッ谷
ボデギータ
2/10

ボデギータ

ボデギータは、黒豆やキャサバ芋、豚肉などを使ったキューバ料理と、ソンやルンバ、フィーリンなどのキューバ音楽を楽しめる本格的なキューバンスポットだ。定番メニューは黒豆ごはんとローストポーク、キャサバ芋のガーリック炒めなどが一緒になったプレート『ボデギータスペシャル』。ふっくらとして香りも良い黒豆ごはんはクセになる味だ。ライブイベントは平日、週末を問わず週に3本前後行われており、一流のミュージシャンたちによる演奏が楽しめる。モヒートやラムを飲みながら、哀愁漂うギターと乾いたパーカッションに身を任せたい。

詳細情報
下北沢
バーキングラム
3/10

バーキングラム

バーキングラム(BAR KING RUM)は、カリブ海地域の酒と音楽に深い愛情を注ぐ、池袋のバー。ラム酒の品揃えは都内随一で、その数は約350種。店主に導かれるままに飲み比べれば、各地方ごとに味や風味が異なるラムの奥深い魅力を知ることだろう。音楽はスカやカリプソ、レゲエなどのレコードがスピーカーから絶え間なく流れる。陽気で乾いたビートが、ラム酒の味をさらに引き立たせる。さらに一歩踏み込みたい人のために、シガーも用意してある。

詳細情報
池袋
ワールドキッチン バオバブ
4/10

ワールドキッチン バオバブ

世界の料理や酒を提供しているバーで、店主が現地で買い付けたカリブ、アフリカ、中南米のレコードや雑貨が所狭しと並んでいる。ライブイベントも多く開催しており、ラテンやレゲエ、アフリカ、ブラジル、サーフミュージックなどのミュージシャンが出演している。至近距離で演奏を観ながら、本格的なローカルフードをビールやモヒートで流し込む。徐々に体を店に馴染ませれば、ここが東京であることを忘れてしまいそうだ。

詳細情報
吉祥寺
ロス バルバドス
5/10

ロス バルバドス

アラブ、アフリカ地方の国々の料理を楽しめる隠れ家レストラン。自然派ワイン、ラム酒、カルヴァドス、バスクの食後酒など、アルコール類の品揃えも充実。店内では、1960〜70年代のアフリカンを中心に、カリブやカボヴェルデなどの音楽がかかっている。試したいのが、チュニジア料理の『ブリック』。半熟卵、チーズ、ツナの入ったチュニジア版揚げ餃子とでも言える一品で、サクサクした衣ととろみのある餡(あん)がたまらない。ビーガン、ベジタリアン向けの料理も豊富だ。

詳細情報
渋谷
追分
6/10

追分

音頭や追分など、日本全国の民謡がライブで聴ける酒場。民謡酒場としては東京で最も歴史があり、吉田兄弟が修行していた店としても知られる。ステージでは、全国から集まった民謡奏者や歌手が毎日演奏を披露している。迫力ある津軽三味線の連弾や安来節のどじょうすくいなど、見応えのあるステージは観光客にも人気だ。観客がステージに上がって1曲披露する、生演奏のカラオケタイムもある。おちょこを片手に名物『どじょうのから揚げ』や刺身をつつきながら演奏に興じる、いわば日本伝統のライブハウスだ。

詳細情報
浅草
レストラン カラバッシュ
7/10

レストラン カラバッシュ

アフリカの食や音楽に興味があるなら、浜松町のカラバッシュ(Calabash)は一度は行っておきたい。同店は、旅行業界に長年携わってきたオーナーが、観光では味わえないアフリカ文化の深みを伝えるべく2005年にオープンした。マリ、セネガル、コートジボワールを中心に、アフリカ大陸の様々な国の文化を紹介している。料理は『クスクス』や『ヤッサ』などの定番をはじめ、セネガルの魚の炊き込みご飯『チェブジェン』、西アフリカの揚げ餃子『サモサ』など、あらゆる地方のアフリカ料理が用意されている。とことんアフリカ気分に浸りたい人は、ライスの代わりに、ヤムイモをついて餅のようにした『フーフー』を頼むと良い。音楽イベントは週に3、4回開催されており、民族楽器のコラを使った演奏や、リンガラのライブ、ベリーダンスなど、幅広いプログラムが組まれている。

詳細情報
浜松町
シリンゴル
8/10

シリンゴル

喫茶店を改装して作られたモンゴル料理店で、レストランであると同時にモンゴル文化の中心でもある。料理のほとんどには羊肉が使われており、餃子やケバブのほか、ジャガイモとともに煮込んだり、しゃぶしゃぶのようにさっと湯がいたり、骨付きのままシンプルに茹でたりと、調理方法はバラエティーに富む。食事のお供にはジンギスカンウォッカとモンゴル民謡の馬頭琴による生演奏が欠かせない。まるでモンゴルにいるかのような錯覚に陥ることだろう。

詳細情報
巣鴨
Bar Blen blen blen
9/10

Bar Blen blen blen

ブラジルの本場料理やアルコールを提供しているバーでは、サンバやボサノヴァのみならず、現地で今流行しているブラジル産の音楽を聴くことができる。ヒップホップやドラム&ベースのサンパウロ版など、日本では耳にすることの少ない音楽と出会える。気になる音源があった時は、ブラジル音楽のソムリエである店主に尋ねれば快く答えてくれるだろう。様々な種類のカシャーサ(サトウキビが原料のブラジル原産の蒸留酒)をロックで飲めるのも、この店ならではだ。

詳細情報
渋谷
ミリバール
10/10

ミリバール

渋谷宇田川町に居を構えるMILLIBAR(ミリバール)。店内では、レゲエをはじめとする様々なワールドミュージックが流れ、洋酒を味わいながら、各国の料理を堪能できる。店主おすすめの1杯は、マルチニーク島のラム。料理はニューオリンズ料理をアレンジした『チキンガンボ』が人気だ。

詳細情報
渋谷

コメント

0 comments