Photo: Dreamstime/Pakpoom Phummee
Photo: Dreamstime/Pakpoom Phummee

2021年オリンピックに向け選手たちの自主隔離免除を検討

免除の代わりに選手村への滞在を要請か

作成者:
Kasey Furutani
広告

日本の新型コロナウイルス感染症対策が最近進展している一方で、東京オリンピック、パラリンピック2020に関してはあまり新しい情報がなかったように思われる。計画通りに進めば、今日から約1年後の2020年8月24日(火)から9月5日(日)までパラリンピックで湧き上がっていることだろう。しかし、安全に開催するために解決すべき輸送上の多くの問題が残されている。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と国際オリンピック委員会(ICC)は大会を簡素化しようと計画中で、それによって新型コロナウイルス感染症の拡大防止の機会を減らし、日程変更などで生じるコストの軽減にもつなげる狙いがある。

東京都はどのようにして、世界中206カ国から来日する選手たちを収容することになるのだろうか。NHK Worldの報道によれば、日本政府は現在全ての在留資格のある外国人と旅行者に求めている14日間の自主隔離を、選手たちには求めないという新たな規制案を検討中だという。その代わり、選手たちとオリンピック関係者は選手村にとどまることよう求められる。

日本への旅行者に適用される自主隔離の規則はすっかり変わってきている。現在のところ、日本が合意した新しいトラベルバブル下では、在留資格のある外国人や日本への訪問者は到着から14日間の自主隔離と、期間中の公共交通機関の利用自粛が義務付けられている。ビジネスなど出張での短期滞在の場合は自主隔離は免除されるものの、事前に詳細な旅程表の提出と公共交通機関の利用を避けることとなっている。

原文はこちら

関連記事

Go Toキャンペーンに東京追加の可能性、9月に判断へ

延期されたオリンピックの新競技スケジュールが決定

在留資格を持つ外国人の再入国を9月1日から全面解禁

予測前倒し、タイが10月から海外観光客受け入れか

東京23区内の飲食店、9月15日まで時短営業を継続へ

最新ニュース

    広告