Tokyo stock
Photo: Nicholas Doherty/Unsplash

東京23区内の飲食店、9月15日まで時短営業を継続へ

新型コロナはまだ予断できない状況、協力した店舗には15万円支給

作成者:
Kasey Furutani
広告

東京都知事の小池百合子の言うように、新型コロナウイルスは人々に「特別な夏」をもたらしたようだ。確かに今年は、伝統的な祭りやフェスティバルに出かけたりと、いつもの夏の楽しみを十分に満喫できたと いう人は少ないのではないだろうか。

東京都は、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として2020年8月31日(月)まで飲食店とカラオケ店に求めていた22時までの営業時間短縮要請について、9月15日(火)まで期間を延長すると発表した。当初は東京都全域を予定していたが、今回の延長は東京23区内の店舗が対象で、応じた場合は15万円の協力金が支給される。  

Coronavirus rainbow sign
Photo: Time Out Tokyo

新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組んでいる目印として、東京都が発行する虹色模様の『感染防止徹底宣言ステッカー』

NHKによると、27日に行われた政府対策本部の会議で、小池は東京都のコロナウイルス感染者数が日々減少していることを認めつつも、「いまだ予断を許さない状況で、警戒が必要」と強調し、「お盆休み明け以降の人の流れのデータを見極める必要もある」としている。

この「特別な夏」は秋口まで延長されそうだ。

関連記事

Go Toキャンペーンに東京追加の可能性、9月に判断へ

予測前倒し、タイが10月から海外観光客受け入れか

大阪万博のロゴが決定、SNSではロゴの二次創作が話題に

都内で温泉旅行気分、OMO5東京大塚が銭湯プランを開始

都内の名所を巡る大人の遠足へ、東京バスレストランとは

最新ニュース

    広告