OMO5東京大塚
OMO5東京大塚

都内で温泉旅行気分、OMO5東京大塚が銭湯プランを開始

浴衣や草履もセットになった宿泊プランで下町散歩

Advertising

星野リゾートが山手線と都電が交差するノスタルジックな街並みの大塚で展開する都市観光ホテル、星野リゾート OMO5東京大塚(以下、OMO5東京大塚)が、2020年12月25日(金)まで、都内で温泉旅行気分を味わえる『下町大塚のんびり銭湯プラン』の販売をスタートした。

OMO5東京大塚

 

OMO5東京大塚

 

同プランは地元の銭湯、大塚記念湯の入浴券とオリジナルデザインの手ぬぐい付き。さらに、温泉気分を盛り上げるための湯かごや浴衣(浴衣と帯、草履の1セット500円)を借りることができる。また、大塚にはカジュアルな居酒屋や懐石料理、割烹など、さまざまなジャンルの食事処があり、湯上りに最適なスポットが掲載された『湯上り処MAP』も配布。気軽に温泉旅行気分が味わえるサポートグッズで、腹も心も満たされる提案を行う。

大塚記念湯

 

大塚記念湯

 

大塚記念湯は大正時代創業の老舗銭湯。カラフルな下駄箱や脱衣場に描かれている天井いっぱいの宇宙の絵も印象的だ。また、男女ともに6種類以上の風呂があり、湯あみを楽しみながら日頃の疲れを存分に癒すことができるはず。今回のプランではタオル類の貸し出しに加え、風呂上がりのコーヒー牛乳、またはミニビールが追加料金なしで楽しめる。

大塚記念湯

 

大塚記念湯

 

料金は1泊一人6,800円(二人1室利用時、税・サービス料別、食事別)からというリーズナブルなプライスも魅力だ。仕事の後にホテルステイ、またはホテルから仕事に向かうことができる都内で温泉気分ステイを、気軽に楽しんでみたい。

公式ページはこちら

関連記事

大阪万博のロゴが決定、SNSではロゴの二次創作が話題に

現代アート空間で一流の寿司を味わえる独創的なレストランが誕生

ラグジュアリーホテルの抹茶アフタヌーンティー3選

どこにも行けない夏は食卓で旅を、今だからかなうお取り寄せ6

タイムアウト東京トラベルフォトコンテストを実施

Share the story
最新ニュース
    Advertising