Osaka Expo 2025 logo
Photo: expo2025_japan/Twitter

大阪万博のロゴが決定、SNSではロゴの二次創作が話題に

ブレスレットやバルーン、ラテアートになったロゴを紹介

作成者: Mari Hiratsuka
広告

このほど日本万国博覧会協会が、『2025年万国博覧会』の公式ロゴマークを発表した。5894点の中から選ばれた最優秀賞作品は、アートディレクター島田保の作品だ。

島田のロゴは「いのちの輝き」をテーマに、1970年大阪万博のDNAを受け継いだ「セル(細胞)」を意識した赤い球体をつなげた作品となっている。万博のシンボルである岡本太郎の『太陽の塔』のように、個性ある作品を自分で作るのが夢だったという島田のロゴは目を引く。

発表と同時にロゴは瞬く間に話題を呼び、SNS上ではクオリティーの高い二次創作が投稿されている。中には既にグッズ化した猛者もいた。ここではいくつかの作品を紹介したい。

すでにグッズになっている

ラテアート

『2025年万国博覧会』は、「私たちが生きるための未来社会をデザインする」をテーマに、2025年4月13日(日)〜10月13日(月)に大阪の人工島、夢洲で開催される。

関連記事

タイムアウト東京トラベルフォトコンテストを実施

ハリポタの世界に旅へ、テーマパークについて現在分かっていること

ユニクロが新たなエアリズムマスクを8月22日に発売

東京、ホテルの都民優遇キャンペーン

観光客のいない東京で、今こそ行くべき人気スポット

最新ニュース

    広告