Phuket, Thailand
Photo by Syed Ahmad / Unsplash

予測前倒し、タイが10月から海外観光客受け入れか

入国はプーケットから、最低2週間のリゾート隔離と2度の検査が必要

作成者:
Huw Oliver
広告

2020年8月中旬、バンコクやチェンマイへ行けるようになるのは2021年以降になる見込みというニュースを伝えたが、少しだけ早くタイへ行けるようになるかもしれない。

最近、タイでは「セーフ・アンド・シールド」(編集部訳:安全で密封された)と呼ばれるプログラムを新たに立ち上げ、数を限定し、海外からの旅行者が特定の地域を訪問することを許可しようとする動きが活発になっている。

タイの観光大臣であるピパット・ラチャキットプラカーンは、公開討論会で「私は首相に2020年10月1日(木)を海外からの観光客の入国開始日とすることを要請しました。また、プーケットをパイロットモデル都市にしたいとも要望していて、経済状況管理センターの承認も得ています」と、試験的ではあるが海外からの観光客受け入れが10月にも始まる可能性を述べた。

この新しいプログラムが実施された場合、その初期段階では観光客は飛行機でプーケットへ入国後、指定されたビーチリゾートでの14日間隔離を求められる。隔離の最初と最後には新型コロナウイルス検査を受ける必要があり、隔離期間終了後に陰性であれば、その後は島を自由に移動可能となる。また、追加で7日間隔離後、3回目の検査で陰性であれば、プーケットからタイのほかの地域への移動も許可されるという。

CNNによると、新プログラムはすでに政府内では承認されていて、9月初旬に対象地域の住民から同意を得るためのパブリックヒアリングが予定されている。今後の展開を見守りたい。 

原文はこちら

関連記事

設計者が語るバンコクの新空中庭園、チャオプラヤースカイパーク

ロックダウンが追い風に、タイのLINE TVでBLドラマが人気

日本が留学生の入国制限を8月末にも緩和へ

9月に日本が全ての国からの受け入れ再開へ

東京、ベトナム雑貨店5選

最新ニュース

    広告