Imperial Palace
Photo: Imperial Household Agency of Japan

2カ月の閉鎖の後、皇居の一般公開が再開

Advertising

日本国内の緊急事態の収束を受け、東京は次々に再始動している。多くのイベント会場や観光施設で、徐々に観光客への扉が開かれ始めている。

2020年6月2日には、2カ月ぶりに皇居の一般公開が再開した。もちろん、園内の安全面についていくつか制限を設けた上でだ。一般参観は、午前と午後の回ともそれぞれ最大50人までに制限。訪問者はマスクを着用し、到着時に検温を受けることが定められている。

各回の定員50人のうち、30人は当日受付、20人は予約制。皇居の見学は人気が高いので、事前にオンラインで予約するのがおすすめ。どうしても今週中に皇居を訪れたいという人は、訪問日に注意しよう。

なお、6月2日から4日(木)までは、定員50人が全て当日受付のみとなっている。 皇居東御苑および宮内庁三の丸尚蔵館についても、新型コロナウイルスの影響により休園していたが、同様に6月2日から再開した。 

皇居の公式サイトはこちら

関連記事

東京、ソーシャルディスタンスを守る8のルール

東京、営業再開した商業施設とショップ

東京タワーが営業再開、階段でメイン展望台へ

東京、無料でできる50のこと

ユニクロが夏の人気商品「エアリズム」のフェイスマスクをリリース

Share the story
最新ニュース
    Advertising