Virtual Tokyo Tower
『バーチャル東京タワー』

100年後の東京の夜景を一望? バーチャル東京タワーとは

アバター姿で音楽ライブやファッションショーにも参加可能

作成者:
Kasey Furutani
広告

今日では巨大な東京スカイツリーの影に隠れているが、東京タワーはかつて大都市で最も高いビルだった。東京の最高の眺望を探しているのであればどちらもおすすめだが、赤と白のエッフェル塔には、600段の階段を上るのは嫌だという人でも楽しめるような見どころがたくさんある。

ここで体験してもらいたいのが、自宅にいながらにして東京タワーを見学できるVRツアー『バーチャル東京タワー』。これは東京のランドマークにおける通常のオンラインビューではない。このバーチャルタワーは100年後の未来を舞台にしており、高層ビル群で埋め尽くされたSF的な世界に包まれることになる。

『バーチャル東京タワー』
『バーチャル東京タワー』

中に入ったら、階段またはエレベーターで未来の東京を360度見渡すことができるメインデッキへ。光り輝く魚たちが泳ぎ回る空中水族館も登場する。

『バーチャル東京タワー』
『バーチャル東京タワー』

もちろん、最高の眺めはトップデッキから。本物の東京タワーと同じように、最上階に行くには追加料金(800円)が必要だ。ダフトパンク風の光のショーで、東京のパノラマビューを楽しむことができる。

また『バーチャル東京タワー』は、ソーシャルディスタンスのある理想的なたまり場でもある。フードフェスティバルやファッションショー、コンサートなどのイベントに参加しながら、アバター姿で友達と夜遊びを楽しむことができる。また『バーチャル東京タワー』のグッズを購入できるオンラインストアも登場。

バーチャル東京タワーを訪れるには、パソコンやスマートフォンで無料アプリ『クラスター』をダウンロードし、アカウントを作成する必要がある。OculusViveVRヘッドセットがあると、より没入感のある体験できるのでおすすめだ。

『バーチャル東京タワー』は、2020111日から30日(月)までの開催。詳しくは公式ウェブサイトで確認してほしい。

原文はこちら

関連記事

東京、秋の紅葉イベント

スクランブル交差点を眺めるベストスポット5

東京、ルーフトップバー7

北海道から日光まで、写真で眺める美しい紅葉

銀座駅が大幅リニューアル、上品さと最新技術を兼ねた装いへ

最新ニュース

    広告