Yamanote line
Photo: Kazunari777/Photo-AC

首都圏で終電繰り上げへ、2021年春からを予定

新型コロナウイルスの影響で終電時刻が30分早まることに

Advertising

東京に住む人は夜に外出する場合、終電を逃す恐れと常に戦っている。そして来年の春からは、さらに気をつけなければならない。2020年9月3日にJR東日本は、都内の主要路線の終電の発車時間を約30分繰り上げると発表した。

時刻表の改正によって影響を受けるのは、山手線だけでなく、通常はまだ午前1時過ぎまで終電がある中央線と総武線が含まれている。 これは新型コロナウイルスの流行により、夜間の乗客数が激減していることが要因だ。

さらに始発時間を遅くすることも検討。終電から始発までの間に実施する線路のメンテナンス作業の時間を確保し、保守作業員の労働環境の改善を図る。JR西日本も、来春から主要路線の終電の時刻を前倒しすると発表している。

残念なことにナイトライフへの打撃は続きそうだが、もし終電を逃してしまったら『週末、終電後も楽しむ5のこと(新宿編)』などの記事を参考にしてほしい。

関連記事

東京、深夜営業の店

中目黒で過ごす24時間

Go Toキャンペーンに東京追加の可能性、9月に判断へ

東京23区内の飲食店、9月15日まで時短営業を継続へ

予測前倒し、タイが10月から海外観光客受け入れか』 

Share the story
最新ニュース
    Advertising