Shanghai skyline
Photograph: Shutterstock

都市の未来をテーマにしたオンラインイベントが開催

建築家や都市論者など、世界各地のビジョナリーたちが参加

作成者:
Huw Oliver
広告

あなたの住む街の未来はどうなっているだろうか。もちろん何とも言えないのが本音だろう。今後数十年で都市生活に革命を起こす可能性のあるトピックを知るためには、もうすぐ開催される、都市の未来をテーマにした世界最大のイベント『WRLDCTY 2020』をチェックしてみるのが一番かもしれない。

このイベントは、2020年10月22日(木)から24日(土)までの3日間、オンライン上で開催。基調講演やパネルディスカッションなど、思想家、都市論者、都市愛好家が登場するプログラムが満載だ。また、オンライン上での「展示会場」やワークショップ、世界中からの参加者とネットワーキングも可能な「コミュニティーコーナー」も用意される。

登壇者は、建築事務所であるBIGの創設者、ビャルケ・インゲルス、都市論者で作家のリチャード・フロリダ、Uberのポリシー・ディレクターのシンペイ・ツェイ、C40ディレクターのデビッド・ミラー、トロント市長のジョン・トーリー、都市計画家のジェフ・スペック、タイムアウトのチーフマーケティングオフィサーのスミンディ・ペーリスなど。

多くの参加者は自宅から講演を行うが、いくつかの講演はニューヨークタイムズ・センター、ロンドン博物館、シンガポールのガーデンズ・バイ・ザ・ベイなど、世界の都市を代表する場所から中継される。

全ての基調講演にアクセスできる一般入場料は無料。しかし、149ドル(約1万7,500円)のプロパスを購入すれば、パネルディスカッションの視聴、ほかの参加者との交流、全てのセッションのオンデマンド再生(イベント終了後1年間まで)が可能だ。

原文はこちら

関連記事

日本橋兜町が2020年の東京で最もクールなローカルエリアに選出

ニューヨークに世界一高い「環境ビル」が誕生か?

ヘルシンキの巨大火力発電所、閉鎖後に芸術文化複合施設として活用

日本橋兜町が2020年の東京で最もクールなローカルエリアに選出

ニューヨークのクイーンズ区アストリアで大規模再開発が実現か

最新ニュース

    広告