Photo: Yikin Hyo
Photo: Yikin Hyo

日本橋兜町が2020年の東京で最もクールなローカルエリアに選出

かつての証券街、現在はレストランやバーでにぎわう場所に

作成者: Emma Steen
広告
控え目に言っても今年は楽な一年ではなかったが、遠隔地を飛び回ることを一時的に止めることで、地元界隈により親しむことができた。タイムアウトでは世界中の人々にシティライフに関する考えを聞き、気に入っている地元のエリアを投票してもらった結果、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行にもかかわらず、3万8000人以上から回答を得た。これらを集計したところ、『世界で最もクールなローカルエリア40選』の公開に至った。その中には東京の兜町も含まれている。
Kabutocho in Tokyo
Photo: Shutterstock/Manuel Ascanio

ここで言う「クールなローカルエリア」とは、その土地の文化や伝統的な遺産に目を向けつつ、新しくて高度な発展を追求して成果を上げている場所のことを指す。日本橋の兜町はかつて証券など経済的な拠点であったが、現在はバーやビストロ、ブルワリーなどでにぎわっている街へと変貌を遂げ、まさに新旧の対比を体現する場所だと言える。現在、東京の最もクールなローカルエリアにふさわしい。

ネオバロック風の荘厳な建築や昔ながらの簡素な店が点在する、日本橋の路地の迷路の中には、幾何学的な黒い外観のたたずまいをした和紙 榛原、70年もの間親しまれてきたうなぎ屋の店舗をもとにしたオムニポロス・トウキョウ、デパートの陰に静かに鎮座する1200年ほどの歴史を誇る福徳神社などがある。毎年夏には東京で最も活気ある祭りの一つである日本橋京橋祭りが行われ、中央通りをきらびやかな衣装をまとったダンサーが練り歩くのを目撃できるかもしれない。

Switch Coffee
Photo: ©K5


兜町の新たな人気スポットとして、ホテル K5も挙げられるだろう。同ホテルは1920年代に銀行であった建物を使い、現在は素晴らしいカクテルで知られている。鴨の炭火焼きやスモークサーモンのタルティーヌなどが味わえる、新規開店したネキのおかげで、ブランチを楽しむ際にも人気の街になってきている。スイッチコーヒー(Switch Coffee)の新店舗がK5の1階に開店しているので、コーヒー好きにもお気に入りの店を見つけやすいだろう。

ネキ
Photo: Kisa Toyoshima

兜町は『世界で最もクールなローカルエリア40選』では34位(1位はバルセロナのエスケラ・デ・アシャンプラン)にランクしているが、それはこの街がまだまだ多くの人の目を引いていないということでもある。だからこそ、今後もこの街の隠れたスポットを紹介し続けていきたい。

『世界で最もクールなローカルエリア40選』の一覧はこちら

原文はこちら

関連記事

日本橋兜町に「次世代の東京を凝縮する」複合施設K5が誕生

再開発に沸く日本橋兜町に注目のパティスリー イーズがオープン

3万匹の金魚が泳ぐ神秘空間が日本橋に誕生

下北沢が「世界で最もクールな街」の2位に選出、1位はリスボンのアロイオス

全世界からの入国が10月に一部解禁へ

最新ニュース

    広告