ニュース / シティライフ

下北沢が「世界で最もクールな街」の2位に選出、1位はリスボンのアロイオス

下北沢が「世界で最もクールな街」の2位に選出、1位はリスボンのアロイオス

タイムアウトが行った全世界対象の大規模な都市調査『Time Out Index 2019』をもとに、タイムアウトのグローバルチームが『The 50 coolest neighbourhoods in the world』と題したランキング記事を発表した。

同調査は、世界の2万7千人以上の都市生活者に、各都市のフードシーンの充実度、文化的多様さ、フレンドリー度、財布事情、幸福度、住みやすさなどを尋ねたもの。その結果をもとに、さらに専門家たち(タイムアウトエディターと各地の事情に詳しいエキスパート)に意見を求め、各都市のなかで最も話題性の高い街を特定させたのが、このランキングだ。

下北沢が評価された理由としては、「下北沢はニューヨークにとってのブルックリンのようなものだが、唯一の異なるのはもっとイカしていること。渋谷や新宿など都心の近隣地区と比べて商業開発が進んでいない下北沢は、流行に敏感な雰囲気や、アンダーグラウンドな格好良さを持つカウンターカルチャーのレガシー、多くのストリートクレド(街の若者たちからの信頼)であふれている。

この地区を有名にしている古着屋や委託販売の店に混ざって、趣のある独立経営のレストランやカフェ、バーもたくさん見つかるだろう。かわいらしく飾り立てた原宿に対するアンチテーゼであるグランジスタイルの追求が大好きなファッション好きにとっては、行きつけの場所だ。東京の中心部から遠く離れてしまったように感じるかもしれないが、この地区は渋谷駅から簡単に行くことができ、歩いて探検するのにぴったりの広さだ」としている。

また、実際に下北沢にいた旅行者からは、「下北は若々しくて楽しく、物価がすごく安い。友だちと散策していても、誰も自分のことを旅行者だとは見なさない。いろんな店や楽しいグルメスポットがたくさんある」という声もあったという。

ランキングのトップ10では、1位で下北沢の上につけたポルトガルはリスボン・アロイオスのほかに、オニカン(ラゴス・ナイジェリア)、ウェディング(ベルリン・ドイツ)、ヒストリック・フィリピンタウン(ロサンゼルス・アメリカ)、ザ・ウォーターフロント(ホバート・オーストラリア)、ストラスブールサンドニ(パリ・フランス)、アストリア(ニューヨーク・アメリカ)、エンバハドール(マドリッド・スペイン)、ピルゼン(シカゴ・アメリカ)がランクインしている。

11位以下の結果については『The 50 coolest neighbourhoods in the world』で確認してほしい。

『The Time Out Index 2019』の結果はこちら

Advertising
Advertising

コメント

0 comments