ウィラー
Photo: Willer Express

都内の名所を巡る大人の遠足へ、東京レストランバスとは

日本初の観光と食が融合したバスで東京を再発見する

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

青空の下、爽やかな風を感じつつ、東京の名所を巡り、さらに車内で食事を楽しめるバスツアーを知っているだろうか。ウィラー 東京レストランバスは2階建てのオープントップバスで、JR東京駅前の丸ビルから発着する動くレストラン。1階には料理が作れるキッチンが配備されている。2階のレストランフロアに乗れば国会議事堂やレインボーブリッジ、スカイツリーなど、誰もが知るあの名所が迫力あるアングルで迫ってくる。

ウィラー東京
ウィラー東京

車内で味わえる料理はヨーロピアンメニューと和モダンメニューの2コースがあり、名所を巡るルートもそれぞれ違う。例えばフレンチとイタリアンの要素を取り入れた『ヨーロピアンメニュー ランチコース』では、オードブル、サラダ、スープ、温菜、メインにデザート、コーヒーまで付く本格的なコースがサーブされる。もちろんワインも車内販売されるので安心しよう。

『ヨーロピアン ランチ』
『ヨーロピアン ランチ』

昼は街路樹の木漏れ日、夜は高層ビルの夜景に囲まれるバスの2階席からの東京の眺めは新鮮だ。オープンルーフなので換気を気にする必要もない。この時期でも安心して東京観光をできる。さらにはランチは約2時間半、ディナーは約3時間のツアーの途中、お台場もしくは浅草で30分程度の休憩があり、自由に散策できるのがうれしい。

夜のバス2階席の様子
夜のバス2階席の様子

この7月と8月は3,000円オフのサマーキャンペーンにより、ランチの参加費7,800円〜が4,800円〜に、ディナーは1万800円〜が7,800円〜になる(料金は一人当たり、座席により変動あり)。 このウィラーによるレストランバスは、東京と京都で通年運行しており、ほかにも期間限定で全国各地を走行している。今までには、北海道や新潟、沖縄などでも走行し、各地の食と観光、人をつなげ、感動体験を生み出してきたという。

今まで気づかなかった自分の街の魅力を、違う角度から再発見できるきっかけになるだろう。

  

ウィラー 東京レストランバスの詳細はこちら

テキスト:間庭典子

関連記事

大相撲7月場所、観客を入れて開催が決定

「絶叫は心の中で」、富士急の感染対策がシュール過ぎると話題

渋谷の夜景とシャンパンを、期間限定ルーフトップバーがオープン

「盗めるアート展」を振り返って

「フラワー・オブセッション」など草間彌生の新作展が7月30日から

最新ニュース

    広告