スヰートポーヅ
スヰートポーヅ

神保町の老舗餃子店スヰートポーヅが閉店

Advertising

創業80年を超える神保町の有名餃子店スヰートポーヅが、2020年6月10日までに閉店した。理由は明かされていないが、当初は新型コロナウイルスの影響により、4月13日までの休業としていた。緊急事態宣言解除後も休業状態が続き、今回「閉店」の張り紙が店先に掲示されたのだ。

張り紙には、「お客様各位閉店のお知らせ長い間のご愛顧誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます(店主)」とのみ。空になったショーケースから哀愁が漂う

Twitterではトレンド入り。SNS上では、この唯一無二の餃子がもう食べられない事を悲しむ声が

レトロなたたずまいも特徴的なスヰートポーヅは、1936(昭和11)年創業。メニューは焼き餃子、水餃子、天津包子の3種で、棒状の焼き餃子は、肉汁が染み出るよう両端が空いており、厚みのある皮がその肉汁を吸うことで味わいが増すという絶品だった。

スヰートポーヅ

 

スヰートポーヅ

 

ここ数年神保町では、名店が後継問題や建物の老朽化などによって、相次いで閉店。チェーンの居酒屋やビルが増え、風景も変わってきている。

2015年には老舗洋菓子店の柏水堂、2018年には天ぷら店のいもやが閉店。今年に入ってからは、老舗居酒屋の酔の助、数日前にはキッチン南海が6月28日(日)に閉店することを発表し、現在多くの客が行列を作っている。

 

関連記事

老舗レストラン、キッチン南海の本店が6月29日に閉店

中川政七商店にガーゼのプロが作る夏用マスク登場

コロナウイルスにより中止、延期となった東京の祭り

おめでとうシャンシャン、上野動物園のパンダ生誕3周年企画

鉄壁のコロナ対策、一蘭上野御徒町店がオープン

Share the story
最新ニュース
    Advertising