ニュース / レストラン

神保町のいもやが、3月末に閉店

天ぷらいもや
天ぷらいもや

本の街として知られる神田神保町の老舗が、相次いで閉店している。2013年には老舗ゲームセンターのミッキー、2015年には老舗洋菓子店の柏水堂。昨年11月には、昔ながらの醤油ラーメンが愛されていた、さぶちゃんなどが閉店した。そして今月、「天丼いもや」と「とんかついもや」が閉店する(姉妹店の「天ぷらいもや」は昨年10月に閉店)。

いもやは、気取らない雰囲気の中で揚げたての天ぷらを味わえる店で、近隣で働くサラリーマンなどに人気がある。閉店理由については未発表だが、別れを惜しむ客が駆けつけ、連日行列ができている。客の一人は、「閉店のニュースを知って、ショックを受けた。初デートの場所はここだった」と、もらしていた。

関連記事東京、天丼15選

Advertising
Advertising