『関西祝い肴三種を入れたおせち』(1,120円)
『関西祝い肴三種を入れたおせち』(1,120円)

正月の巣ごもり消費に向けて100円のおせちが登場

12月25日に発売、新型コロナの巣ごもりにより需要高まる?

テキスト:
Mari Hiratsuka
広告

新型コロナウイルスの影響により、海外渡航やスムーズな国内旅行が難しい今、年末年始を自宅で過ごす人も多いだろう。そんな今年は「おせち」に注目が集まっている。そんななか、ローソンが『100円おせち』の販売を発表した。

家でのんびり過ごしながら家族で味わったり、一人でも手軽に正月気分を感じられる『100円おせち』は、2012年から販売をスタート。年々「好きなものだけ選びたい」「元日だけ食べたい」など多様化するニーズに受け、売り上げを伸ばしている。

2021年は「巣ごもり」によりさらに高まる需要に応えるため、新商品6品を加えた史上最多の38種類を12月25日(金)に全国のローソンストア100で販売する。

『100円おせち』
『100円おせち』

『100円おせち』は、『伊達巻』や『つぶつぶ栗きんとん』『味付け数の子』『お煮しめ』など、一人でもちょうどよい使い切りサイズでパック販売しており、好きなものだけを選べるのが特徴。価格はそれぞれ108円と手頃だ。

『基本のおせち ワンプレート』(880円)
『基本のおせち ワンプレート』(864円)

公式ウェブサイトでは盛り付け方法も紹介されており、写真の『基本のおせち ワンプレート』は、『御蒲鉾 赤板』『黒豆』『田作り』『くるみ甘露煮』など8品で彩られたプレートで、価格はなんと合計864円だ。

手軽に正月気分を楽しめる『100円おせち』で家にいながらも楽しい時間を過ごしてほしい。 

『100円おせち』の詳細はこちら

関連記事

DJブースのある銭湯? モダンに生まれ変わった墨田区の黄金湯

東京、ブックカフェ25選

東京、アイススケートリンク

プロサウナーが厳選、2020年の今行くべきサウナランキングが発表

新型コロナウイルスに関する情報

最新ニュース

    広告