Photo: Tokyo 2020
Photo: Tokyo 2020

東京五輪、聖火リレーの新たな詳細が発表

2021年3月25日に福島出発、47都道府県を巡って新宿へ

作成者:
Kasey Furutani
広告

東京2020オリンピック・パラリンピック大会まであと1年を切ったが、コロナ禍でのこの世界的なイベントの日程が固まってきているようだ。新型コロナウイルス感染症対策や、延期に伴う高額な費用に対応するいくつかの措置が講じられ、簡素化されるものの、大会準備は計画通りに進んでいる。

2020年9月28日には、東京五輪聖火リレーの新しい予定が発表された。新たな計画案は当初のそれとほとんど同じだが、東京五輪の開催週に合わせて日程が1日早まる見通しだ。

2021年3月25日(木)に福島県の「Jヴィレッジ」を出発した聖火は、国内47都道府県を121日かけて回る。福島県を出発して、開会式の行われる東京都に到着というルートは当初の予定通り。

東京都での聖火リレーには15日もの日数が割かれており、小笠原諸島や立川市と小金井市の西部郊外を通って、2021年7月23日(金)に新宿でフィナーレを迎える。

東京五輪の新型コロナウイルス感染症対策に関する詳細は、近日中に告知される予定だ。

原文はこちら

関連記事

東京オリンピック・パラリンピック2021年の開催日が決定

2021年オリンピックに向け選手たちの自主隔離免除を検討

コロナに関係なく来年のオリンピック、パラリンピックは開催へ

東京オリンピック開催前に、バーチャルツアーで国立競技場に行ってみよう

延期されたオリンピックの新競技スケジュールが決定

最新ニュース

    広告