Photo: photo-ac/Phon-Ta
Photo: photo-ac/Phon-Ta

日本への帰国者に対する14日間の待機免除を検討

72時間以内の日本への出張滞在者にも適用の見込み

作成者:
Emma Steen
広告

2020年11月1日から、海外渡航から戻った在留資格のある人々が2週間の待機を求められる心配はなくなった。内閣総理大臣の菅義偉が10月30日の閣議後にこの方針を表明した。

政府は短期のビジネスでの出張者への待機免除も検討中。これらの制限緩和によって、経済活動の活性化と海外への出張が容易になることが期待される。

ジャパンタイムスによれば、この新たな方針は、滞在先の国に関係なく、日本国民と在留資格のある外国人の双方に適用される。ただし、新型コロナウイルス感染症拡大の予防措置に従うことが引き続き求められる。

本記事は、新しい情報が入り次第更新していく予定。

原文はこちら

関連記事

ロンドンのヒースロー空港、新型コロナのスピード検査を導入

新型コロナウイルスワクチンの無料提供を決定

もうすぐ旅行前のPCR検査をオンラインで予約できる時代に

都民を対象に旅行補助がスタート、最大で宿泊が5,000円割引に

海外旅行の本格的再開は2024年にずれ込みか

最新ニュース

    広告