Photo: photo-ac/旅案内人 NOZAWA
Photo: photo-ac/旅案内人 NOZAWA

日本が韓国との短期、長期旅行を再開

10月末にはビジネスなどで往来可能に

作成者: Emma Steen
広告

韓国がシンガポールに次いで、日本とトラベルバブルを締結した国となる見込みだ。この締結で、両国間の短期、長期のビジネスでの旅行が可能となる。日本経済新聞によれば、両国は今週末にもトラベルバブルに合意し、ビジネスでの短期間の出張者は2週間の自主隔離をせずに済むことになるだろう。

しかし長期出張者は、予防措置として同じ期間の自主隔離が求められる。今週末に実際に合意に至れば、出張で日韓を自由に行き来できるようになるのは2020年10月末だろう。

日本は現時点では在留資格のある外国人の再入国を認めているが、レジャー観光など、ほかの事情による海外渡航や入国は依然として検討中。現在のところ、日本が相互のトラベルバブルを検討しているアジアの九つの国と地域はタイ、ベトナム、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー、台湾、シンガポール、ブルネイだ。

日本国民は当分の間、海外への観光旅行が規制緩和されるのを待ち続けなくてはならないだろう。実現するには新型コロナウイルス感染症の警戒レベルが、事情にかかわらずほとんどの国への渡航自粛を要請するレベル3からレベル2に引き下げられ、政府の自粛要請が不要不急の旅行のみに限定される段階へ移行することが必要だ。

原文はこちら

関連記事

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭が開幕、5の見所を紹介

Go To東京追加で家賃より安いホテルステイが登場

Go To トラベルキャンペーン について知っておくべき情報』 

全世界からの入国が10月に一部解禁へ

もうすぐ旅行前のPCR検査をオンラインで予約できる時代に

最新ニュース

    広告