tokyo
Photo: Myo Min Kyaw/Pixabay

日本が新型コロナウイルス感染症ワクチンの無料接種を検討

早ければ2021年には全国民に可能に

作成者: Emma Steen
広告
新型コロナウイルス感染症の流行が続くのに従い、春には自宅で数週間過ごせば済むと考えられていたことが、ひどく長くてつらい膠着(こうちゃく)状態へと変わってしまった。多くの都市では今年の初めに比べれば新規感染率は低下しているが、全ての人々がこのパンデミックへ対処するために新しい生活様式を強いられている。

感染症と戦う助けとするために、日本は国際的な製薬会社とともにできるだけ早く有効なワクチンを調達しようと腐心してきた。開発中のワクチンの候補はいくつかあるものの、実効性のあるものになるには依然として多くの臨床試験を行う必要がある。

ジャパンタイムスによると、日本政府は利用可能となれば全国民に無料のワクチン投与を行うことを検討しているという。ワクチンは今年度の現予算で賄われる見通しで、医療従事者、高齢者、感染リスクの高い人々が優先される。

無料のワクチン投与は、全員が治療を受けられ、経済活動が元通りになることを意味するだろう。しかしながら、利用可能なワクチンを巡る現在の状況について言及するのは性急だ。現時点でその有効性を支持するデータが何もないことに鑑み、政府関係者の中には無料のワクチン接種の考えに反対する向きもある。

毎日新聞の報道では、厚生労働大臣の加藤勝信はこの議論は依然として協議中であり、この無料接種計画の最終的な決定はワクチンの性質に依拠している、と述べた。

原文はこちら

関連記事

吹き抜けるそよ風が心地いい、白金高輪の路上にオープンテラスが出現

丸の内仲通りがミストシャワーと天然芝広がる都会のオアシスに

観光客のいない東京で、今こそ行くべき人気スポット

東京23区内の飲食店、9月15日まで時短営業を継続へ

NHK交響楽団と⻄本智実が池袋のグローバルリングに登場

最新ニュース

    広告