0%
0%

宇宙にできた最初のバー、酔った気分が味わえる不思議な店が六本木に

内装を手掛けたのはアーティストのYOSHIROTTEN、酔える仕掛けや写真に収めたいカクテルなど

Advertising

2020年7月16日、六本木に完全ノンアルコールバーの0%がオープンした。代表はクリエーティブディレクターで、元俳優の小橋賢児。プロデューサーの山本麻友美は、「私自身そんなにお酒が飲めないこともあり、誰もが同じものを飲んで共感できる時間をつくりたかった」とオープンの経緯を語る。六本木の地において酒類を一切出さないというのは、なかなか思い切った決断だ。

六本木通りに面した、ガラス張りの店舗は外観からして異空間。ドアを開けると、メタルや金属を基調としたテーブル、ブルーを基調としたネオンなど、近未来的な雰囲気が漂う

 

六本木通りに面した、ガラス張りの店舗は外観からして異空間。ドアを開けると、メタルや金属を基調としたテーブル、ブルーを基調としたネオンなど、近未来的な雰囲気が漂う

 

 

 

 

 

コンセプトは「宇宙にできた最初のバー」。「人類が宇宙に移住したときにみんなで一緒に楽しめるようなバーを作りたかった」(山本)という思いを、アーティストYOSHIROTTEN(ヨシロットン)率いるクリエーティブスタジオYARが見事に体現した。例えば、カウンター上に配したミラーには、六本木の街がゆがんで映し出され、アルコールを飲まなくても酔っている気分が味わえるという仕掛けだ。

ネオンのオブジェは、気鋭のネオンアーティストWAKUによるもの。一部メニューは、『The World's 50 Best Bars』に3店舗がランクインしたバーテンダー、後閑信吾に考案を依頼した。

メニューの一番上に記載されている、『A Real Pleasure ゼロ(0)になる』(1,500円)は、ベチバーウォーターをベースに、フルーツとバジルを合わせたカクテル。レモンやバジルの爽やかさが体の中に染みわたるようだ。フォトジェニックな器に入っており、二人で飲むこともできる。

『Iceland Bubble アイスランドバブル』(1,200円)はぜひ動画撮影の用意を。ジャスミンティーをベースに未熟ブドウの果汁やパイナップル、ジンジャーなどを合わせたカクテルで、煙で満たされた空気のドームを作ってサーブされる。このドームがネオンに照らされ、またぷるぷると動いてかわいいのだ

 

『Iceland Bubble アイスランドバブル』(1,200円)はぜひ動画撮影の用意を。ジャスミンティーをベースに未熟ブドウの果汁やパイナップル、ジンジャーなどを合わせたカクテルで、煙で満たされた空気のドームを作ってサーブされる。このドームがネオンに照らされ、またぷるぷると動いてかわいいのだ

 

ワインテイストのドリンク(赤・白)も用意。ワイン醸造用ブドウ搾汁を使ったもので、フレッシュで濃厚な果実の甘さが後を引く。そのほか、『コールドブリューコーヒー』(500円)や、10種類以上のスパイスとフルーツを漬け込んだ『自家製生コーラ』(550円)などもある。

「朝10時からから営業しているので、打ち合わせなどにも利用していただければと思っています。コンブチャもおすすめです」と山本。フリーWi-Fiやコンセントもあり、さまざまな用途で利用ができそうだ。

フードはビーガン対応。『アボカドフライ ケサディーヤ』(1,200円)や、罪悪感のないジャンクフードとしてカリフラワーを使った『バッファローカリフラワーケサディーヤ』(1,200円)もラインナップ。ビーガンであることを忘れさせる食べ応えがうれしい。ココナツオイルを使ったビーガンアイスクリームもオンメニューしている。

『アボカドフライ ケサディーヤ』に合わせてもらったのは、『Nepalede ネパレード、流星ジャーニー』(1,200円)

 

『アボカドフライ ケサディーヤ』に合わせてもらったのは、『Nepalede ネパレード、流星ジャーニー』(1,200円)

 

レモンとラズベリーの酸味に、ネパールのスパイス『ティムールペッパー(Timur Pepper)』のスパイシーな味わいをきかせた『Nepalede ネパレード、流星ジャーニー』。アルコールが入っていない方が、カクテルそのものの味わいを明確に感じることができることを実感できる。

そう、0%は、決して飲めない人のためのバーではないのだ。

「お酒を飲む方でも車で移動しているとき、食事をした後にもうお酒はいらないけれどもう少し時間を過ごしたいなど、さまざまなシチュエーションがあると思うんです。頭が冴えているけれど心がリラックスしている、心をゼロにする状態を作っていただければうれしいです」

現在、新型コロナウイルス拡散防止対策として、客席数を制限し、完全予約制で営業。予約は公式ウェブサイトから申し込むことができる。

0%の詳細はこちら 

テキスト:長谷川あや

関連記事

東京、モクテルを楽しめる店10選』

都内の名所を巡る大人の遠足へ、東京バスレストランとは

渋谷の夜景とシャンパンを、期間限定ルーフトップバーがオープン

「盗めるアート展」を振り返って

「フラワー・オブセッション」など草間彌生の新作展が7月30日から

Share the story
最新ニュース
    Advertising