Photo: Universal Studios Japan Official/YouTube
Photo: Universal Studios Japan Official/YouTube

今年の必須アイテムを使ってゾンビに?USJがコスプレ選手権を開催

マスク姿の仮装をSNSに投稿して参加しよう、豪華商品も

作成者:
Tabea Greuner
広告

ハロウィンといえば仮装だが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、ニューノーマルの時代である今年ならではのイベント『マスクコスプレ選手権』を実施する。通常の仮装の代わりに、今や欠かせないアイテムであるマスクを使って参加を楽しむことができる、新型コロナウイルスの時代にぴったりの素晴らしいアイデアだ。

このイベントは三つの部門に分かれ、それぞれに衣装のルールが設定される。

部門1:普通のマスクをステッカーやレースなど、好みのアイテムでデコレーション

部門2:パーク内で販売されているキャラクターをテーマにしたマスクを衣装に取り入れる

部門3DIYマスクと全身コスチュームで、好きなキャラクターやチョイスした姿になりきる

コンテストに参加するには、三つのハッシュタグをつけて、InstagramまたはTwitterに写真を投稿。「#マスクコスプレ選手権」「#USJ」、そして部門1には「#マスクアレンジ部門」、部門2には「#USJマスク部門」、部門3には「#全身コスプレ部門」を入れるのを忘れないようにしよう。

コンテストに参加する回数に制限はないが、安全上の理由から、パーク内では常にマスクを着用しなければならない。そのため、できるだけ快適なマスクを着用することを勧める。

さらにユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、YouTubeにさまざまなマスクのアレンジアイデアを紹介している。

ステッカーとレースでマスクをデコレーションする方法(部門1)を紹介する動画

公式のマスクを使って、エルモやクッキーモンスターなどのキャラクターに変身する方法(部門2)を紹介する動画

ゾンビになりきるマスクの作り方(部門3

応募は2020118日(日)まで。27人の受賞者を選出し、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの入場チケットや記念品などの賞品が贈呈される。当選者には、11月末にInstagramTwitterのダイレクトメッセージが届くとのことだ。

原文はこちら

関連記事

世界初、淡路島のテーマパークに実物大ゴジラが上陸

2020年、ハロウィン仮装の参考にしたい映画

渋谷のハロウィンパレード、今年はバーチャルで開催

202010月、大阪にベビースターラーメンのテーマパークが誕生

観覧車から会議に参加、よみうりランドがワーケーションプランを発売

 

最新ニュース

    広告