Club der Visionaere
Club der Visionaere, one of Berlin’s many outdoor clubs. Photograph: Flickr / Nachos Pintos

ベルリンのナイトクラブ、ダンス禁止のビアガーデンとして再開

作成者:
Huw Oliver
広告

世界が今のような状況になる前まで、ベルリンのルンメルスブルク地区にあるオープンエアのクラブ、シシフォス(Sisyphos)は、「乗りかかった船」ということわざがぴったりと当てはまる遊び場だった。毎週金曜から日曜日までテクノパーティーがぶっ通しで開催され、ビールとちょっとした興味のためにふらっと立ち寄るというよりは、一歩足を踏み入れたら長時間居るのが当たり前だったからだ。

今、ドイツの名だたるクラブでは現状下での対応を模索している。その先導を切っているのがシシフォスだ。ドイツ政府がレストランへの規制を緩和しているのを生かして、食事を提供できるライセンスを取得。広大な敷地でビールを楽しめるビアガーデンとしての店の営業を再開した。店では、食事、ドリンク、そして音楽を提供している。しかし、踊ることはできない。開店時間は金〜日曜日の15時で、閉店は22時。今まではあり得なかった時間だ。地元DJの音に身を委ねテーブルの上で踊っていた場所で、今はできるだけ座っていることが求められる。スタッフのマスク着用は必須。これは、テクノが流れている屋外レストランとでも言うべきかもしれない。

クロイツベルク地区のベニューでも同様のことが起こっている。アウトドアスペースを備えるクラブ、ビルギット・エント・ビア(Birgit & Bier)も、ビアガーデン兼ピザ屋として再スタートを切った。ここのルールはシシフォスよりさらに厳しい。踊るのはもちろん禁止の上、スタッフだけではなく、客もマスクを着用しなければならない。

アバウトブランク(://about blank)では、アウトドアエリアを近く「しっかりしたやり方」で再オープンすることを検討している。同クラブのエリザベト・シュテフェンは、『ベルリナー・ツァイトゥング』紙のインタビューに対し、「新型コロナへの対応は引き続き最優先課題」とし、「しかし、クラブを訪れてくれる人が、そしてスタッフも、再開を切望していることを感じている」と続けた。我々も、同じ考えだ。

原文はこちら

関連記事

ニューウェイブバンド、DEVOがフェイスシールドをリリース
日本のクラブシーンを捉えたドキュメンタリー「Diggin’ Thru Japan」が公開
パンデミック中でもパーティーに行ける防護服「Micrashell」とは
ドイツのナイトクラブが「ドライブイン レイヴ」を主催
アメリカ議会図書館の所蔵音源でヒップホップを作れるアプリが登場

最新ニュース

    広告