Times Square New Year's Eve
Photograph: Shutterstock/Simon D

ニューヨークの大みそかカウントダウン、2020年はバーチャルで実施

詳細は未定、ティーザー動画を公開

作成者:
Shaye Weaver
広告

2020年ももうすぐ終わりだ。年末まで100日を切っている。ニューヨークのタイムズスクエアで毎年開催されているカウントダウンイベントの主催者が、安全を考慮して実施する新しい大みそかイベントに関するティーザー動画を公開した。

1907年に初めて開催されて以来、ニューヨークで新しい年を迎えるためのカウントダウンイベントは、これまで雪、みぞれ、極寒の気温を乗り越えてきたが、現在のパンデミックはそれらを超える試練になってしまった。しかし、『ビレッジ・ハロウィーン・パレード』や『サン・ジェンナーロ・フェスティバル』などのように完全に中止になるのではなく、2021年を迎えるカウントダウンは別の形で行われる。

2020年9月23日、イベントを運営しているタイムズスクエア・アライアンス、ジャムスタウン・プロパティーズ、カウントダウン・エンターテイメントは、毎年100万人を集めるボールドロップやお祭り騒ぎを取りやめ、何らかの方法でライブ要素を感じられるバーチャルイベントに切り替えることを発表。

詳細は明かされていないが、「2021」の飾りが付いたメガネ(とオムツ)が必要なパーティーではなく、ソーシャルディスタンスを確保しながら、「2020年のテーマ、課題、インスピレーション」を象徴する「非常に限られた人」が登場するイベントになる予定だ。

タイムズスクエア・アライアンスの代表であるティム・トンプキンスは「言うまでもないかもしれませんが、2020年のニュースの中心にあったのは、新型コロナ、そしてたくさんの人種問題、経済や環境の危機です。今年の大みそかは、限られた数のゲストを招いて、私たちがどんな一年を過ごしてきたのかを記憶に残すイベントになるでしょう。しかし、より重要なことは、困難な時期を乗り越えて新年を迎えるのを助けてくれた勇敢で創造的な精神をたたえ、祝福することです。詳細は追ってお知らせしますが、今年最後の日を何らかの形でお祝いしましょう」と述べた。

イベントの内容についてトンプキンスは「今年のイベントはかなり新しい。その日だけのライブエンターテインメントや体験を楽しむための、バーチャル、ビジュアル、デジタル要素を提供します」とだけ表現。「今は、分断され、恐怖に満ちた時代。だからこそ、世界はこれまで以上に、私たちが愛する人々やものを祝福し、新たな始まりに期待を膨らますため、象徴的かつ仮想的に団結する必要があります」と、この企画の意義を強調した。

この計画はすでにニューヨーク市長であるビル・デブラシオの承認を得ている。声明の中で市長は「安全で、創造的、革新的な方法で、これまでの古い伝統を続けることができます」と新たな方法を見つけた主催者を称賛。「新年は新たなスタートを意味します。私たちはそれを祝うことが今から楽しみです」と語った。

原文はこちら

関連記事

ロンドンの大みそか花火、2020年は中止

ラジオシティの名物クリスマスイベント、2020年公演の中止を発表

ニューヨークに世界一高い「環境ビル」が誕生か?

新型コロナの影響で渋谷駅周辺のカウントダウンイベントを中止

東京ディズニーリゾート、2021年3月までシーズンイベントを中止に

最新ニュース

    広告