Radio City Music Hall
Photograph: Carl Scheffel

ラジオシティの名物クリスマスイベント、2020年公演の中止を発表

ニューヨークの冬の風物詩、87年続く伝統のなかで初めての出来事が……

作成者:
Collier Sutter
広告

ニューヨークのクリスマスの風物詩、『クリスマス・スペクタキュラー(Christmas Spectacular Starring the Radio City Rockettes)』が87年続く伝統のなかで初めて公演を中止することなった。

ラジオシティのオーナーである、MSGエンターテインメントは2020年8月4日、新型コロナウイルスの影響により2020年の公演を中心することを発表。これにより今年は、足を高く蹴り上げるダンスやおもちゃの兵隊のダンスでクリスマスシーズンのニューヨークをきらびやかな雰囲気にしてくれるロケッツのメンバーに会うことができなくなった。

MSGエンターテインメントは声明で、「我々は、新型コロナウイルスの大流行により今後も不確実な状況が続くため、2020年におけるクリスマス・スペクタキュラーの制作が中止になったことを遺憾に思います。公演に関わっている全ての人、そして毎年のクリスマスの行事としてクリスマス・スペクタキュラーを大切にしてくださっている多くのファンの皆さまには大変残念な結果となりました」と述べた。今年のチケットは全て払い戻される。

『クリスマス・スペクタキュラー』は、ニューヨークの定番イベントとして毎年多くの観光客を安定的に誘引している。ただ、ブロードウェーの劇場、リンカーンセンター、カーネギーホールなど、ほかの施設もすでに2021年まで閉鎖することが見込まれていたため、今回の公演中止の発表もそれほどショックではないとも言えるかもしれない。

見るべきは先だ。2021年のクリスマス・スペクタキュラーのチケットは、すでに発売されている。次の公演まで、もしロケッツのように足を高く上げたいたいと思ったら、彼らのInstagramをチェックしよう。振り付けやワークアウトの様子をリビングルームで見ることができる。

原文はこちら

関連記事

ニューヨークのMTAバスがリアルタイム混雑情報を提供

多彩な流派の能楽師が集結「能楽公演2020〜新型コロナウイルス終息祈願〜」

ニューヨークの地下鉄で300人の「マスク配り隊」が発足

マスク着用でも歌声がこもらない「マスクエフェクト」が登場

ニューヨークの高級星付きレストランが歩道へ出店

最新ニュース

    広告